スポンサーリンク

勉強期間・学習スケジュールの考え方(ポイント・コツ)宅建士の独学

《宅建士の試験日はいつですか?》
あと何ヶ月ですか?》

試験日時はすでに決まっています。

例年では、10月半ば位ですよね。

宅建士は国家資格です!

生半可な気持ちで合格できるものはありません。

様々な個人の勉強できる環境や時間が違うと思います。

そこがポイント・コツなので、よく考えてしっかりと勉強期間を考えましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

期間の立て方

まずは、自分がどれだけ勉強しなければいけないのか?ということを考える必要があります。

この記事を読んで考えてみて下さい↓

【宅建士独学】総勉強時間の目安と初学者・経験者の違いについて
始めて宅建を勉強する方は、 「一体、何時間勉強すれば合格できるのだろうか?」 と考えると思います。 私もそ...

そして、勉強期間は、短期型”“長期型”に分けることができます。

短期型の特徴は、1日の勉強時間を多くとり短期間で資格対策をする方法になります。

長期型は逆に、1日に1時間前後の勉強でじっくりと資格対策をする方法になります。

勉強法は人によって好みが違うので、どちらで行うかで勉強期間・学習スケジュールが変わります。

  • “長期型”では1日3時間の勉強で、2ヵ月ほどの勉強期間が必要。
  • “短期型”では、1日1時間の勉強で、6か月ほどの勉強期間が必要。

“長期型”の期間を考えるポイント

半年間の勉強期間の設定は短くはありません。

計画通りに学習を終える為には、期間を長めに設定することも重要だと思います。

ただ、“長期型”はだらけてしまいがちなのがデメリットとなります。

“短期型”の期間を考えるポイント

モチベーションを維持できる方は、短い期間の設定でもいいです。

毎日勉強すればちょうどいい位の期間で問題ないです。

そして、短期型”デメリットは、急な出来事があると、カバーするのが大変になることです。

近親者が亡くなった、仕事で大きい山をかかえたなど勉強期間・学習スケジュールが崩れた場合に対応することが厳しいことが考えられます。

期間を考えるコツ

短期型”“長期型”どちらを選択するにしても、少し余裕を持ったスケジュールを計画して下さい。

もし勉強の進捗が遅れた場合、ギリギリだとリカバリーできなくなるからです。

2週間ほど余裕を持った勉強期間・学習スケジュールを組むと、何かあっても対応することができます。

私の勉強期間・学習スケジュール

宅建士に独学で一発合格できた勉強期間・学習スケジュールを書いてみます。

2016年度に一発合格しましたので、これから試験を受ける方には、多少の参考になると思います。

勉強期間

4月頃~10月半ば

期間は、余裕をもって半年間を設けました。

初めての受験だったので、半年という目安はネットで調べました。

しかし、余裕をもって半年間という勉強期間を設定したのは、デメリットもありました。
それは、「期間があるから大丈夫」というなまけた気持ちが出てきたこと。
実際に 7月、8月は勉強しない日が2週間以上もありました。

ただし、

《1ヶ月で勉強して取得したい!!》

《2度目の受験で今回は、過去問を3ヶ月で仕上げたい!!》

といった方には、オススメできる内容ではありません。

前述した通り、”短期型”“長期型”に分けられるので私は“長期型”です。

しかも、全くの宅建士の知識が無い状態での私の力量で勉強した期間や時間です。

あくまでも、目安にして下さいね。

だらだらやることはよくないゾ。

私の場合は、だらだら勉強した時間がたくさんありました。
勉強するぞ!と決めて、集中して取り組んだのは、100時間位かも知れません。

やる気が出ない時は、過去問アプリを寝ながら解いてみたり。
参考書をだらだら読んだり。

今思えば、もっと勉強時間を短縮できたと思います。

だらけけてしまうのはダメで、ギリギリ合格の反省点でした。

【宅建士・独学】勉強計画・スケジュールの立て方・組み方(夏休みの計画表と同じ)
宅建に合格する為には、勉強計画を立てることがポイントです。それには「夏休みの計画表」が近いです。宅建の試験日はいつですか?あと何ヶ月ですか?試験日時はすでに決まっています。「宅建合格勉強計画表」を自分の能力・性格・今の環境も総合的に考えて作り勉強計画を立てましょう。

  • だらだら参考書を5時間眺めた。
  • 集中して、2時間、30分毎に集中して4単元読んだ。

問題を解いてみます。
どちらが問題を解けたでしょうか?

ですので、だらだら勉強しても駄目です。

宅建士の試験は国家資格

何度も言いますが、「宅建士」の資格は簡単に取れるものではないです。

私はなめてました。最初の単元が「民法」ですよ?
法律なんて習ったことないです。

宅建は知名度もあり、取得すると誰にでも褒められる資格なのです。
それゆえ、本当に難しい資格なので、学習期間をきちんと立て、勉強を進めましょう。

study_yaruki_nai

まとめ

無理の無い最低限確保しなくてはならない学習時間を考えて、学習の期間を立てましょう。
勉強期間を考え、実行する。
これが、合格への近道になります。

逆にいえば、勉強時間を作れる時間を考えて期間を考えるということにもなります。

人それぞれ得意・不得意があるのも当たり前です。
自分の能力・性格・今の環境も総合的に考えて勉強期間を考えましょう。

宅建に合格したいあなたへ

宅建に合格したいあなたへ

 

何度も宅建に落ちた・・。
一発で宅建に合格したい!

たくさんの教材・通信講座があるけれど、どれが確実に合格できるのだろう?

 

厳しい話、どの教材・通信講座を使っても答えは同じです。

あなた次第なのです。

ただ、【宅建を取る】という目標に取り組めるかどうか、です。

この教材が良いのか?と悩んでいるのであれば、価格が高すぎる通信講座もあります。

通信講座でおすすめは以下の2つです。



ユーキャンの宅地建物取引士(宅建士)講座

ユーキャンの宅建講座は値段も適正価格で、確実に合格が目指せるカリキュラムになってます。



「たのまな」宅建士の無料資料請求はココから

オンラインでも学習できる「たのまな」は電車移動などの空き時間にも勉強できます。

色々悩むよりも、やる気があるのなら、てっとり早く勉強を始めるのが本当におすすめです。

悩んでる時間がもったいないです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする