スポンサーリンク

勉強しても成果が出ない・・・その勉強法で合格できる?【宅建士・独学】

《一体、何時間勉強すれば合格できるのだろうか?》

勉強をし始めてテキストを読んでいるだけでは結果が見えずこのように悩みますね。

この点が気になる人は多いはずです。

勉強を始めてしばらくは割に結果が付いてきませんので、苛立ちや不安を感じるはずです。

『この勉強法で合っているだろうか?』

『本当は合格できないんじゃないか?』

『全然成果が出ない・・』

『もしかすると教材に騙されているんじゃないか?』

そう考えて疑心暗鬼になるのは仕方のない事なのかもしれません。
確かに結果・合格に繋がるまでに時間がかかります。

ただ宅建に合格した人も今のあなたと同じように結果の出ない孤独で不安な期間を味わっていますし、それを乗り越えたからこそ今があります。

ちなみに私も初めの頃はまったくと言っていいほどにテキストを読んでも分からずに、何度も『もうやめてしまおうか』と考えました。
精神論に聞こえるかもしれませんがただ1つ言える事は、ここまで来ることが出来たのは諦めなかったからに尽きます。

有名な漫画に【諦めたらそこで試合終了ですよ】という名言がありましたが、まさにそれですね。
疑っているばかりでは勉強に身が入らないですし、過去問題が解けない、暗記出来ない事にいちいち一喜一憂していては時間の無駄ですので、やるべき作業に集中しましょう。

合格する為に始めた勉強なのに、結果が出なければやる気が出なくなります。

過去問題が全然解けない・・・。

また、試験後でないと結果が見えません。

安心してもらいたいのですが、勉強の成果が出るまでの期間には一定の法則があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

結果が出るまでの期間の目安とは?

環境によって勉強で成果が出る期間は違いますが、一般的に3ヵ月頑張れば結果が出ます。

その根拠と理由と解説していきます。

人によって成果が出るまでの期間は違う

まず、前提として覚えてもらいたいのが、

「人によって結果が出る期間がちがう」

という事です。

なぜかと言えば以下のような理由があるからです。

  • 毎日の勉強できる時間が違うから(勉強量)
  • 理解できるスピードが違う(スキル)
  • 使っているテキストとの相性(外部要因)

まず、勉強量ですが実践者それぞれ生活環境が異なります。

1日3時間作業できる人と1時間しか勉強できない人では、勉強量に3倍の開きが出ます。

単純に考えて3時間勉強できる人の方が結果が出るのが早いと言えます。

次に勉強のスピードですが、本業で不動産業に携わっている人であれば、何もしていない人よりも理解度のスピードが早いです。

という事は、勉強する進捗も変わってくる訳です。

但し、勉強スピードに関しては、勉強を続けている内に慣れてきますので、
それほど重視するポインントではありません。

最後の使っているテキストとの相性は、自分で操作することはできません。

ですから、できる限り毎日勉強することで早く慣れるようにします。

勉強すれば宅建はとれる

宅建を取る!と決断して実際に行動に移すほとんどの人は、宅建の勉強をすることできると考えています。
勉強を継続し合格できると、イメージするわけです。

でも、合格できるポイントはあるタイミングを境に急激に上昇します。
つまりイメージと現実のギャップの差が激しいほどに、不安の感情は大きくなるという事です。

この結果が出るまでの期間に不安の種をみずから大きく育ててしまう事で挫折したり、諦めてしまうのだと思います。
この事例は宅建の試験だけに当てはまるものではなくて、スポーツや仕事、勉強や趣味などのすべてに当てはまります。

バイトでもスポーツでも趣味でも言える事ですが何か新しい事を始める際に最初からうまくこなせる人はいないはずです。
例えばバイトなら先輩に手とり足とり仕事を教えてもらって、ようやく仕事が出来るようになっていきます。

また趣味がサッカーやゴルフなら何度も何度もボールを打ったり蹴っては失敗して、少しづつ打ち方や蹴り方のコツが掴めてくるものですし、趣味でも初めはネットや本でリサーチを繰り返しながら知識を蓄えていく事で、そのうち身に付いた豊富な知識と経験を他人に教える事だって出来るようになっているはずです。

それらを継続していく事で、気が付いたら無意識的にこなせるようになっていきますよね。
もしかすると夕飯は何を食べるかや、週末のデートの予定を考えながらでも余裕でこなせるようになっているかもしれません。

成果が出るのが早ければいい訳ではない

結果が出るのが早いからといって、長く勉強続けることができる訳ではありません。

また、詰めが甘くなってしまします。

比較的多いパターンは、
早く結果が出たので「慢心」してしまい勉強が止まる人です。

本当の勝負は試験に合格することなのに、
初心を忘れて勉強をしなくなってしまうのです。

資格を取得することで一番大事なことは、勉強を継続することです。

それができない人はどれだけ早く結果を出せたとしても、勉強を続けていくことはできません。

自分を信じて作業を継続する

結果が出る目安は3ヵ月ですが、遅かれ早かれ勉強を継続することができれば、必ず合格できます。

悲しい話ですがかなりの割合で3ヵ月以内に脱落していきます。

合格率が低いのもこの理由からも多いと思います。

  • 仕事が忙しい
  • 勉強し続けることが出来なかった
  • 実践してみたが、自分には合格できないと感じた

このように様々な理由がありますが、合格できない最大の要因は勉強が止まる事です。

一度なにか手ごたえががあれば、後は勉強を継続するだけです。

大事な事は、そこまで頑張ることができるかどうかです。

仕事を考えてもらいたいのですが、自分に向いていないからと言ってすぐに転職するでしょうか?

大多数の方ができるようになるまで努力するはずです。

資格試験もまったく同じで、必ず結果が出せると信じて実践を重ねるだけです。

それができれば必ず結果が出せます。

目標を明確にする大切さ

まずは目標を明確にしてください。

  • 1日1時間勉強する時間を必ず確保する
  • 分野別に勉強スケジュールを決める
  • 3か月間はどんな事があっても毎日継続する

一例を挙げてみましたが、目標を定めて勉強をすることが大事です。

これがあるだけで、例え“困難”が発生しても勉強をやり遂げることができます。

まとめ

宅建の試験で手ごたえが出るまでの期間は一般的に3ヵ月と言われています。

私生活にはいろいろ誘惑がありますが、自分の決めた目標に向かって勉強を続けてください。

そうすれば明るい未来を手に入れることができます。

宅建に合格したいあなたへ

宅建に合格したいあなたへ

 

何度も宅建に落ちた・・。
一発で宅建に合格したい!

たくさんの教材・通信講座があるけれど、どれが確実に合格できるのだろう?

 

厳しい話、どの教材・通信講座を使っても答えは同じです。

あなた次第なのです。

ただ、【宅建を取る】という目標に取り組めるかどうか、です。

この教材が良いのか?と悩んでいるのであれば、価格が高すぎる通信講座もあります。

通信講座でおすすめは以下の2つです。



ユーキャンの宅地建物取引士(宅建士)講座

ユーキャンの宅建講座は値段も適正価格で、確実に合格が目指せるカリキュラムになってます。



「たのまな」宅建士の無料資料請求はココから

オンラインでも学習できる「たのまな」は電車移動などの空き時間にも勉強できます。

色々悩むよりも、やる気があるのなら、てっとり早く勉強を始めるのが本当におすすめです。

悩んでる時間がもったいないです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする