スポンサーリンク

宅建士を取得するなら通信教育がオススメ。その理由とは?

idOTkwNTJkMmJkZmRlODVh-c08baff519bbbdf9b194e655ed0f0020

宅地建物取引士(宅建士)の資格を取得する為には、通信教育で学ぶ方法があります。

宅建士を始めて勉強する方は勉強方法も分からないという方も多いと思います。

その他にも、書店で購入できるテキストを購入するか、スクールに通う方法がありますが、忙しい社会人の方には、通信教育がお勧めです。

私は書店で購入できるテキストで勉強し運よく一発合格できましたが、もう一度宅建士を受験するなら通信講座で独学する方法を選びます。

書店だけのテキストですと、挫折せずに勉強をやり切れる自信がありません。

実際、合格点+1点という結果でギリギリの合格でした。次にまた試験を受けたとしたら合格できない気がします。

宅建士を取るとまわりの評価が上がり、格段に仕事がし易くなりますし、転職もできる可能性が広がります。

宅建士を目指している方で勉強方法に悩んでいる方は、通信教育も選択肢のひとつとして下さいね。

では、通信教育がお勧めな理由を説明しますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

通信教育をおすすめする理由

合格する為のプランがしっかりしている

通信講座は、合格の為のプランがしっかりしているので、自分の力のみでの合格に自信が無い人は、検討してもいいと思います。一貫性があるので、勉強方法に迷わずに効率的に学習できます。

通信講座の会社は合格させた実績から、勉強法や学習スケジュールをきちんと管理してくれます。
宅建士の資格は創設されてから60年の歴史があり、宅建を合格できるように研究されたセットになっています。

勉強を継続して自分で行わなければならない点は同じですが、その継続できる環境を通信講座は補ってくれます。上記でお話したような苦労から、私も通信教育で学べば良かったと思いました。

このように通信教育は、「時間・労力」が効率よく合格できるようになっているのです。

私が経験した独学の苦労話

宅建士を始めて勉強した私は、書店でテキストを購入し6ヶ月かけて自分でネットなどで情報を集めながら勉強しました。なんとか合格点より1点だけ多い点数でギリギリ合格することが出来ました。

勉強中はモチベーションが上がらず、だらだら勉強したり、本当にこの勉強法で合格できるのか?という不安がありました。このように書店でテキストを購入し自分で勉強する場合、自己管理が難しくなってきます。

過去問題も始めは全然解けずに合格届かず、挫折しそうになりました。

また、この書店でテキストを購入する独学法にはデメリットがあります。
間違った方向で勉強し続けるとだれも指摘してくれない為に、大幅な時間のロスができてしまうという点です。
この点では、通信教育や学校で学ぶ際には、早期の段階で気づくので、傷が浅い内に修復できます。

独学で宅建士の勉強を始める場合に、私のようにお金をかけたくないのであれば、書店やアマゾンなどで購入できるテキスト+過去問題集+補助本で、1万円位の金額でしっかりと勉強すれば合格できます。
ただし、本当に根気と時間が必要でした。

私のおすすめの通信教育

⇒フォーサイトの宅建士(通信講座・eラーニング)おすすめ理由3つ

宅建に合格したいあなたへ

宅建に合格したいあなたへ

 

何度も宅建に落ちた・・。
一発で宅建に合格したい!

たくさんの教材・通信講座があるけれど、どれが確実に合格できるのだろう?

 

厳しい話、どの教材・通信講座を使っても答えは同じです。

あなた次第なのです。

ただ、【宅建を取る】という目標に取り組めるかどうか、です。

この教材が良いのか?と悩んでいるのであれば、価格が高すぎる通信講座もあります。

通信講座でおすすめは以下の2つです。



ユーキャンの宅地建物取引士(宅建士)講座

ユーキャンの宅建講座は値段も適正価格で、確実に合格が目指せるカリキュラムになってます。



「たのまな」宅建士の無料資料請求はココから

オンラインでも学習できる「たのまな」は電車移動などの空き時間にも勉強できます。

色々悩むよりも、やる気があるのなら、てっとり早く勉強を始めるのが本当におすすめです。

悩んでる時間がもったいないです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする