スポンサーリンク

宅建 民法の権利関係 試験対策

「権利関係」の対策について

『民法ってなに?』

私はそこから始まりました・・・。

今思えば、そんな状況の中、

全くの無知識から良く一発で合格できたと思います。

試験問題「権利関係」は、計14問

例年では、問1~14までが権利関係の問題です。

・民法から10問
・借地借家法から2問
・不動産登記法から1問
・建物区分所有法から1問

この宅建試験に出題される、【民法・区分所有法・借地借家法、不動産登記法】をまとめて「権利関係」といいます。

試験問題の3分の1を占める

宅建から民法は切っても切れない関係なのです。

そして、ここを攻略しないと合格は近づきません。

民法は全ての法律の基礎となっているので、

他の分野の勉強についても民法はとっても重要な法律なのです。

『民法』だけは、専用の参考書を必ず準備

民法の参考書もたくさん出版されています。

有名なのは【民法がわかった】です。

私もこれを使用しました。

私の場合は、全ては読みきれませんでした。

ただし、辞書代わりに使用しました。

・過去問でよく間違える問題の項目は何度か読んだ。

・理解できない項目を読んだ

分厚い参考書ですが、読めるのであれば一冊読んだ方がよいでしょう。

民法が難しすぎて宅建を挫折する人は数知れないのです。

目指すは「権利関係」で10点ゲット

私の平成28年度の受験の場合は、運よく?民法が簡単だったようです。

実際、試験の初めに民法から解いたのですが、

『いつもの過去問より簡単?』と思いながら解きました。

『そんな訳はない、きっと引っ掛けで騙されないぞ!』

と試験を解いてゆきました。。

結果は、

・民法  8/10
・借地借家法  1/2
・不動産登記法  1/1
・建物区分所有法  1/1

権利関係で11点でした。

なんとか10点以上取れてよかったです。

借地借家法が苦手でした。

やはり1問、間違えていました。

過去問を3度解いた後に、苦手な箇所はノートにまとめた方がよいでしょう。

私は時間がなかったので、できませんでした。

例年では必ず2問出るので、落としたくない問題ですね。

・民法の規定→賃貸借契約の規定

・借地借家法→”不動産”だけに限定される規定

建物と土地について定めた特別な賃貸借契約の規定)

私は、借家権・借地権・存続期間の定めがある場合・定期借地権など、

ごちゃごちゃして頭の中が整理できませんでした。

今後、このコラムでまとめたいと思います。

民法も暗記で何とかなる問題もあります。

例えば、「売主の担保責任」が問われる問題です。

【全解一代抵解損】(ぜんかいいちだいていかいそんっ!)

何かの呪文のようですね。

(悪意でも担保責任を追及できる場合のみに適用)

部他人物の売買→

部他人物の売買→金減額請求

当権等が実行された場合→契約の除・害賠償請求

※他にも、ちょっと息抜きで暗記語呂合わせを紹介しています。

やっぱり、民法は難しい。

過去問題で、10点以上取れているのであればもう最高です。

他の分野に時間を回して下さい。

深入りせずに得点源へ時間を取り、合格点へ近づく事が重要です。

宅建に合格したいあなたへ

宅建に合格したいあなたへ

 

何度も宅建に落ちた・・。
一発で宅建に合格したい!

たくさんの教材・通信講座があるけれど、どれが確実に合格できるのだろう?

 

厳しい話、どの教材・通信講座を使っても答えは同じです。

あなた次第なのです。

ただ、【宅建を取る】という目標に取り組めるかどうか、です。

この教材が良いのか?と悩んでいるのであれば、価格が高すぎる通信講座もあります。

通信講座でおすすめは以下の2つです。



ユーキャンの宅地建物取引士(宅建士)講座

ユーキャンの宅建講座は値段も適正価格で、確実に合格が目指せるカリキュラムになってます。



「たのまな」宅建士の無料資料請求はココから

オンラインでも学習できる「たのまな」は電車移動などの空き時間にも勉強できます。

色々悩むよりも、やる気があるのなら、てっとり早く勉強を始めるのが本当におすすめです。

悩んでる時間がもったいないです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク