スポンサーリンク

独学での2つの勉強方法の選択の仕方について【資格試験】

資格に合格したい!

資格を取得するには、勉強をしなければなりません。

一つに勉強と言っても沢山の勉強方法・仕方があります。

始めに大きく分けてまずはこの2つのどちらかを選択しなければなりません。

  1. 独学で書店のテキストで勉強する方法。
  2. 独学で通信教育で勉強する方法。

それぞれの勉強方法にメリット・デメリットがあります。

また、あなたの環境や懐事情で選択肢も変わります。

ケースバイケースで選ぶ必要があります。

オススメできる人なども書いてみますね。

それぞれ説明していきますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

独学で書店のテキストで勉強する方法。

近くの書店で購入する場合やアマゾンなどのネットでテキストを購入します。

この勉強方法のメリット・デメリット

この勉強方法のメリットは、安く資格取得費用が済む点です。

テキストと過去問題集と他の補てん教材を含めても1万円以下で済みます。

別に受験費用がかかりますが、かなり安く抑えることができます。

デメリットは、一人でテキストだけで勉強を進めるのでモチベーションの維持が難しい点です。

勉強する時点では、ヤル気まんまんで取り組んでも、中盤には面倒くさくなり、最後には諦めてしまう・・という人が多いです。

こんな人にオススメ!

  • 時間がある人
  • 諦めずに勉強を続けることが出来る人
  • 出来るだけ受験費用を抑えたい人

独学で通信教育で勉強する方法。

たくさんの通信教育・講座があります。

有名なのは、「ユーキャン」や「LEC」でしょうか。

値段や質もピンキリでその中から選びます。

この勉強方法のメリット・デメリット

この勉強方法のメリットはなんといってもカリキュラムを自分で組む必要がないことです。

始めて勉強をする人は、勉強をどれくらいすればいいのか、勉強をどのように進めていけばいいのかと色々悩まないで勉強だけを頑張れる効率の良い勉強が出来ます。

私はアマゾンで購入し、勉強しましたが勉強以外のこのような悩みで無駄な時間を使いました。

本当にこの勉強方法が正しいのか?という悩みを受験日まで持つことになります。

デメリットは、やはり費用が高くついてしまうことです。

こんな人にオススメ!

  • 多少の費用は問題ない人
  • 効率よく勉強したい人
  • 勉強する時間があまり取れない人

それでも「書店のテキストで勉強する方法」と「通信教育で勉強する方法」で迷ったら、

無料の資料請求をしてから決めましょう。



まとめ

「書店のテキストで勉強する方法」と「通信教育で勉強する方法」のメリットデメリットが逆であると言えますね。

通信教育は時間と労力の削減になります。

私が資格試験を受験するとしたら効率の良い「通信教育で勉強する方法」を選びます。

宅建に合格したいあなたへ

宅建に合格したいあなたへ

 

何度も宅建に落ちた・・。
一発で宅建に合格したい!

たくさんの教材・通信講座があるけれど、どれが確実に合格できるのだろう?

 

厳しい話、どの教材・通信講座を使っても答えは同じです。

あなた次第なのです。

ただ、【宅建を取る】という目標に取り組めるかどうか、です。

この教材が良いのか?と悩んでいるのであれば、価格が高すぎる通信講座もあります。

通信講座でおすすめは以下の2つです。



ユーキャンの宅地建物取引士(宅建士)講座

ユーキャンの宅建講座は値段も適正価格で、確実に合格が目指せるカリキュラムになってます。



「たのまな」宅建士の無料資料請求はココから

オンラインでも学習できる「たのまな」は電車移動などの空き時間にも勉強できます。

色々悩むよりも、やる気があるのなら、てっとり早く勉強を始めるのが本当におすすめです。

悩んでる時間がもったいないです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする