スポンサーリンク

効率の良いテキストの読み方(独学での勉強方法)【宅建士】

Photoelly039_TP_V1

スポンサーリンク
スポンサーリンク

勉強の順番

「テキストを読んでから → 過去問題」です。

「最初に過去問をやってイメージをつかむ」みたいな勉強法を語ってる人がいたりしますが、どうせほとんど解けなくてやる気がなくなるだけなので、あまりオススメしません。

インプット から アウトプット これが自然の摂理です。

というわけで、まずはテキストから読み進めます。

その読み方で注意するポイントはこちら↓

やってはいけない・ダメ・間違いな勉強法(独学・資格試験)
「赤ペン・蛍光ペンで線を引く・付箋を貼る」はダメ! 赤ペンを引いたりとか付箋を貼ったりすることは、テキストを読破してか...

「何のためにテキストを読むのか?」

いろいろな読み方はあると思いますが、最も重要なのは「何のためにテキストを読むのか?」ということです。

それは、問題が解けるようになるためですよね。

私だったらこのように出題するな、とか思いながら読むこと。

ですから、初学者の場合は、先に過去問を読んでおくという手もあるのです。解く必要はありません。だいたいどのようなことが問題になるかが分かればいいのです。

すると、「厚生労働大臣は」とか、「都道府県労働局長は」とか、「保険者は」とか出てくるのを目にするはずです。また、ときどき数字も出てきます。さらに、問題を読むだけでは気がつかないかもしれませんが、文末表現で引っ掛けることも多いのです。

そうしたら、主語、文中の法令用語(らしきもの)、数字、文末表現を覚えるつもりでテキストを読むのです。そして、ツッコミを入れましょう。自分が出題者だったら、どうやってテキストの内容を引っ掛けて問題を作るかと・・・。あるいは、自分が本番の試験でどのように引っ掛かるかを想像しながらテキストを読んでもかまいません。

どうして、この文の主語は「都道府県労働局長」ではなくて「厚生労働大臣」なんだろう?

あれれ、左ページでは「内払とみなすことができる」と書いてあるのに、右ページでは「内払とみなす」となっているけど、これはなぜだろう?

なんて疑問に思いながら読むのもいいですね。実際、そういう問題に引っ掛かるわけですから…。

で、独学だったらどうするか。

勝手に理屈をつけちゃえばいいんですよ。

例えば、

およそ1つの都道府県の中だけで解決できることは都道府県労働局長、

2つ以上の都道府県にまたがることは厚生労働大臣だと思って読めばいいんです。

内払とみなして都合が悪くなければ「内払とみなす」、内払とみなすわけにはいかないときは「内払とみなすことができる」ことになっているんです。

自分が覚えやすいように勝手に理屈をつけてください。

それでやってみて時間がかかるようでしたら、太字の部分だけ、色がついている部分だけが選択式問題で空欄として抜かれていると想像しながら、テキストを読んでもいいでしょう。

択一式問題については、ある程度数をこなせば引っ掛けパターンが見えてきます。

でも、選択式問題については、じっくり読む癖をつけておかないと、必ず1問か2問出てくる難問で、基準点である3点を逸することになります。

やはり、得点につながる自分なりのテキストの読み方を見つけた受験生が、勝ちです!

宅建に合格したいあなたへ

宅建に合格したいあなたへ

 

何度も宅建に落ちた・・。
一発で宅建に合格したい!

たくさんの教材・通信講座があるけれど、どれが確実に合格できるのだろう?

 

厳しい話、どの教材・通信講座を使っても答えは同じです。

あなた次第なのです。

ただ、【宅建を取る】という目標に取り組めるかどうか、です。

この教材が良いのか?と悩んでいるのであれば、価格が高すぎる通信講座もあります。

通信講座でおすすめは以下の2つです。



ユーキャンの宅地建物取引士(宅建士)講座

ユーキャンの宅建講座は値段も適正価格で、確実に合格が目指せるカリキュラムになってます。



「たのまな」宅建士の無料資料請求はココから

オンラインでも学習できる「たのまな」は電車移動などの空き時間にも勉強できます。

色々悩むよりも、やる気があるのなら、てっとり早く勉強を始めるのが本当におすすめです。

悩んでる時間がもったいないです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする