スポンサーリンク

【重要】模試を受けないと合格できない?予想問題が大事な理由【宅建独学】

宅建士の試験時間はとても短いので、よく問題を読んで考える時間はありません。

どんどん問題を解いていかないといけません。

なので、試験に慣れる為に余裕があれば1度でも受けてみる価値はあると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

模試は必ず受けなくても大丈夫

宅建は必ず模試を利用することが重要か?ということですが、模試を受けなくても合格はできます。

私は受けずに一発合格できました。

各予備校とかで行われている、直前模試的なものを受講しても良いですが、受講料が高くつくので、出版されている予想問題集への取り組みでも十分かと思います。

模試を受けるメリット

模試を受けることは、主に以下のメリットがあります。

  • 自分の弱点を発見できる
  • 時間配分の練習になる
  • 本番同様の緊張感を味わえる
  • 最新の傾向にあった問題にチャレンジできる

自分の弱点を発見できる

今の自分の実力の客観的な評価と合格ラインに達しているのかがわかります。

時間配分の練習になる

試験2時間の50問を解く感覚を体で覚えることができます。

模試の大きなメリットとしては、本番と同じ時間配分で試験を受けられることです。独学で勉強していると、どうしても時間に甘くなってしまうことがあります。宅建の試験時間は2時間あるので、慣れていないと集中力が切れてしまいます

模試を利用することで、試験の時間配分に慣れることができます。模試は1回だけではなく、何度か受験すると徐々にスピード感に慣れてきます。独学では手薄になる時間配分も、模試を利用すれば対策することができます。

本番同様の緊張感を味わえる

資格試験は、独特の雰囲気の中で試験を受けることになります。独学は落ち着いて家で勉強できますが、本番は全く違う緊張感で受験することになります。この緊張感に慣れておかなければ、本番で思わぬミスをする可能性もあります。

解答欄を間違えたり、緊張して集中できないといった事態も予測されます。事前に模試を受けておくことで、そういった緊張感に慣れることができます。2、3回模試を受ければ、緊張感には慣れてくるので必ず受験しましょう。

周りに人がいて緊張感がある場所でも集中して問題を解く訓練ができます。

最新の傾向にあった問題にチャレンジできる

模試の目的は実力を確認するだけではなく、質の高い問題にチャレンジできることもあります。模試は本番試験の内容を分析して、最新の宅建に沿った形式の問題が出題されます。本番でも同じような問題が出題される可能性も高いのが、模試を受けるメリットになります。

そのため模試は受けるだけではなく、終わったらしっかりと復習してください。間違えた問題を放置してしまうと、本番でも同じミスをする可能性が高いからです。模試もしっかりと復習することが、宅建の合格率を上げることに繋がります。

また、最新の判例や法改正情報を入手できます。

模試を受けたいなら

通信教育で模試のみ受ける

スクールで模試のみ受ける

スクールで実施している模試を受けれます。

資格スクールで定期的に実施しています。

2年目で合格した時はタックの模試を受けました。

宅建に合格したいあなたへ

宅建に合格したいあなたへ

 

何度も宅建に落ちた・・。
一発で宅建に合格したい!

たくさんの教材・通信講座があるけれど、どれが確実に合格できるのだろう?

 

厳しい話、どの教材・通信講座を使っても答えは同じです。

あなた次第なのです。

ただ、【宅建を取る】という目標に取り組めるかどうか、です。

この教材が良いのか?と悩んでいるのであれば、価格が高すぎる通信講座もあります。

通信講座でおすすめは以下の2つです。



ユーキャンの宅地建物取引士(宅建士)講座

ユーキャンの宅建講座は値段も適正価格で、確実に合格が目指せるカリキュラムになってます。



「たのまな」宅建士の無料資料請求はココから

オンラインでも学習できる「たのまな」は電車移動などの空き時間にも勉強できます。

色々悩むよりも、やる気があるのなら、てっとり早く勉強を始めるのが本当におすすめです。

悩んでる時間がもったいないです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする