スポンサーリンク

【3ヶ月で宅建】今からでも間に合う?!7月から短期合格する勉強方法は?

宅建士は、単純な勉強時間ではなく「集中した勉強時間」で100時間の勉強で合格できると言われています。

私は初心者でしかも「ダラダラ勉強」でしたので、250時間かかりました。

100時間といえば、残り3ヶ月で90日なので、毎日1時間ちょっとの勉強を集中して勉強できれば合格できると言えます。

しかし、他に資格試験を受けたことが無いなど私のように宅建初心者であれば、もう少し勉強時間を多めに見込んだ方がいいです。

しかし、今からでも宅建の合格は目指せます。

ただ、気は抜けませんよ。毎日の勉強が必要です。

頑張れば頑張るほど合格する確率もあがるので、頑張って下さいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

戦略的に学習計画を立てる

ただ漫然とテキストを読んで過去問を解くだけではなかなか合格できないのが今の宅建試験です。特に短期間で合格するためにはいつまでに何をするべきなのかを明確にして、戦略的に学習計画を立てる必要があります。

学習方法は、基本的に2種類

私たちがよく使う学習方法は、「集中学習」と呼ばれています。

「集中学習」とは、何度も繰り返して特定のことを練習したり、集中的に覚えたりするアプローチのことです。学習直後に復習を行う学習方法です。

例えば、何時間も続けて歴史の勉強をしたり、テニスのレッスンでサーブだけを練習したりするのが、それにあたります。

試験でよい得点をとるためには 、復習が何より重要です 。最初に学習したときから時間・間隔を空けて復習するというのが「分散学習」で、これでより学習したことが脳にしっかりと固定される分散効果が表れます。

集中学習は、勉強した内容をまだ十分に理解していない、あるいはしっかり覚えていない初心者がするべき学習方法です。そして、学習後すぐに復習すべきです。

「出るとこだけ勉強」には要注意!

勉強方法はたくさんあり、宅建に限らずいろんな資格試験でよく言われることですが、

「出るとこだけ勉強して効率よく最短で合格しましょう!」

という、いかにも勉強嫌い、初心者、残りの期間が無い人が食いつきそうなフレーズがあります。

でも、この勉強方法はおすすめできません。

なぜこれがダメなのかですが、「出るとこだけ勉強」というのは運任せに近くなるからです。

つまり、合格できる可能性が低くなるということです。

あなたは、”運”任せで宅建に合格できるか分からない勉強法をしたいですか?

それは嫌ですよね。

基本をしっかり学んで、試験に臨みましょう。

簡単に勉強方法を解説

宅建の勉強方法ですが、

  • テキストを2周読む
  • 過去問10年分を3回解く

これだけです。

この勉強を残りの3ヶ月で仕上げて下さい。

詳しく知りたい人は、この記事を順に読んでみて下さい↓

【独学】宅建士を始めて受ける人におすすめのテキスト(基本書・参考書)とは?
独学で宅建士を始めて受ける人にオススメのテキストを紹介します。自分に合ったテキストはどれか?このような悩みでテキストを探していたり、購入をためらっているのではないでしょうか。テキスト選びのコツやポイントを今回は書いてみますね。
宅建士に合格する勉強法は"過去問題集"をやり込むこと。
宅建士資格を持っている方に共通している勉強法って知っていますか? それは『過去問集は徹底的に使い回す』こと。それほど過去問題は大事なのです。そこで、正しい過去問の勉強法についてまとめてみました。
【宅建】"過去問アプリ"が無料の解説付で超絶おすすめ!勉強にまだ使ってないの?
スマホを持っているなら、ぜひ宅建の過去問アプリを使ってみて下さい。 無料ですし、過去問アプリはいいところが沢山あってとてもおすすめです。私の中では、隙間時間などに大活躍でした。

余裕があったら、予想問題集もやりましょう。

【重要】模試を受けないと合格できない?予想問題が大事な理由【宅建独学】
宅建士の試験時間はとても短いので、よく問題を読んで考える時間はありません。 どんどん問題を解いていかないといけません。...

 不安な人は通信教育を検討しましょう。

フォーサイトなどは、3ヶ月前のカリキュラムもあるので、利用してみて下さい。

【独学】フォーサイトの宅建講座で合格できる?中身と内容を検証してみた!
宅建士の資格が欲しいんだけど「フォーサイト」ってどうだろ? 安くていいらしいよ? 安いのはもちろん嬉しいけど、合格したいから適当な中...

宅建に合格したいあなたへ

宅建に合格したいあなたへ

 

何度も宅建に落ちた・・。
一発で宅建に合格したい!

たくさんの教材・通信講座があるけれど、どれが確実に合格できるのだろう?

 

厳しい話、どの教材・通信講座を使っても答えは同じです。

あなた次第なのです。

ただ、【宅建を取る】という目標に取り組めるかどうか、です。

この教材が良いのか?と悩んでいるのであれば、価格が高すぎる通信講座もあります。

通信講座でおすすめは以下の2つです。



ユーキャンの宅地建物取引士(宅建士)講座

ユーキャンの宅建講座は値段も適正価格で、確実に合格が目指せるカリキュラムになってます。



「たのまな」宅建士の無料資料請求はココから

オンラインでも学習できる「たのまな」は電車移動などの空き時間にも勉強できます。

色々悩むよりも、やる気があるのなら、てっとり早く勉強を始めるのが本当におすすめです。

悩んでる時間がもったいないです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする