スポンサーリンク

予想問題集の選び方のポイント・コツ【おすすめランキング】(宅建・独学)

私も予想問題集は購入せず、一発勝負で挑みました。

しかし、合格点ギリギリでしたので、余裕があれば予想問題集はやっておくべきです。

心に余裕を持って試験を受けれますし、試験も点数が延びるはずです。

私のように合格発表までビクビクすることもないと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最新の出題傾向を分析した問題集を選ぶ

宅建を独学で合格するには、問題集でどれだけ正解率を上げられるかが鍵となります。問題集選びのポイントは、最新の出題傾向を分析した問題集を選ぶことが重要です。難易度が年々上がっている宅建なので、その対策をしている問題集を選びましょう。

問題集の使い方としては、100%に限りなく近づけることがポイントになります。1回や2回では完璧にはできないので、何度も繰り返す勉強が必要になります。正解率を上げることで、本試験での合格率を確実に上げることができます。

 

予想問題集を解くタイミング

市販の過去問ってだいたい10年分くらいしかないので、

「やりすぎてもう解く問題なくなっちゃった!」

っていう事も少なくないそうです。

そんな優秀な人は、

過去問題集10年分で物足りない場合は“予想問題集”の購入をおすすめします。

いつから始めるのがベスト?

毎年6月頃になると、宅建の予想問題が発売されるようになります。6月から宅建の予想問題を始める必要はありませんが、最後の追い込みで使うことはお勧めです。

予想問題は、9月になってから開始できるのが理想的です。しかし無理して勉強する必要はないので、余裕があったらチャレンジしてください。

予想問題は、過去問題集を終えてから

ただし前提として、過去問題集が8割から9割以上取れるようになってからにしましょう。

宅建の基本は問題集なので、まずは問題集を完璧に近づけてください。問題集が終わって余裕があれば、予想問題で最後の追い込みを行いましょう。

おすすめの予想問題集

予想問題集は各社から発売されています

LECやユーキャンなど、資格スクールの問題はかなり質が高くお勧めです。

住民新報社が最も安いですが1回分は過去問セレクトみたいなので、コスパ的には1冊で済ませられるくらいの回数(4回分)が収録されているLECが良いかもしれません。

宅建に合格したいあなたへ

宅建に合格したいあなたへ

 

何度も宅建に落ちた・・。
一発で宅建に合格したい!

たくさんの教材・通信講座があるけれど、どれが確実に合格できるのだろう?

 

厳しい話、どの教材・通信講座を使っても答えは同じです。

あなた次第なのです。

ただ、【宅建を取る】という目標に取り組めるかどうか、です。

この教材が良いのか?と悩んでいるのであれば、価格が高すぎる通信講座もあります。

通信講座でおすすめは以下の2つです。



ユーキャンの宅地建物取引士(宅建士)講座

ユーキャンの宅建講座は値段も適正価格で、確実に合格が目指せるカリキュラムになってます。



「たのまな」宅建士の無料資料請求はココから

オンラインでも学習できる「たのまな」は電車移動などの空き時間にも勉強できます。

色々悩むよりも、やる気があるのなら、てっとり早く勉強を始めるのが本当におすすめです。

悩んでる時間がもったいないです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする