スポンサーリンク

【決定版】宅建士に独学で合格したい人の勉強日程まとめ

この通りに勉強すれば、必ず合格できますとは言えません。

しかし、一発合格した経験と当サイトを作っている宅建の知識でまとめてみました。

これから宅建士を独学で取得される方はご参考にして下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

宅建士の勉強過程は、5step

  1. 全体像を把握する
  2. 基本を学ぶ
  3. 足りない専門知識を補う
  4. 応用力をつける
  5. 実践練習

全体像を知る

入門書を読む

宅建の全体像を知る効果がすごい!合格したい人は【必見】
宅建は、まず全体像を把握する事が合格への近道だと知っていますか? 今回は、意外と大切な試験範囲の全体像について触れたい...

基本を学ぶ

テキストを選ぶ

【独学】宅建士を始めて受ける人におすすめのテキスト(基本書・参考書)とは?
独学で宅建士を始めて受ける人にオススメのテキストを紹介します。自分に合ったテキストはどれか?このような悩みでテキストを探していたり、購入をためらっているのではないでしょうか。テキスト選びのコツやポイントを今回は書いてみますね。
【保存版】テキスト(参考書,基本書)の選び方のポイントとコツ【宅建士・独学用】
宅建士を独学で勉強する場合、テキスト(基本書・参考書)選びが重要になります。テキストを選ぶ際に気をつけておきたいポイントやコツがあるので紹介しますね。

テキストを読む

おすすめのテキスト(基本書・参考書)の正しい読み方・勉強の仕方【宅建士・独学】
テキストをちゃんと読めていますか?テキストには正しい読み方があり、間違った読み方をしても実力は付きません。そのまま間違った勉強法で進めると大幅な時間のロス、試験での合格が遠のきます。今回は、正しいテキストの読み方を紹介しますので、ご参考にして下さいね。

足りない専門知識を補う

民法の専門書を読む

民法は部分的に攻略できないから難しい!権利関係の全範囲を把握するコツ
宅建試験日が迫り、難しい法律用語をテキストや問題集で目にすると、 「とにかく、Aランクの出題率の高いと...
宅建士「民法」は補助教材(民法がわかった等)をプラスすることが大事な理由
独学では、自分で勉強法を確立しなければならないので補助教材が必要かもしれません。民法は、初心者には理解が難しく補助教材が必要な場合もあります。私の場合の補助教材、特に民法に関する勉強法を紹介したいと思います。

応用力をつける

過去問題集を選ぶ

過去問題集の選び方のポイントは2つだけ【宅建士・独学】
宅建士の独学では、 問題集も1冊を完璧にすることが重要になります。 問題集1冊のみの購入で問題ありません。 ただ...

過去問題集を解く

宅建士試験の最後の詰めに予想問題集や模試を解く必要性
あくまで予想問題ですが、本番の試験の練習になります。 実際に、過去問の勉強初期の段階で スマホの予想問題アプリで何問か解いたこと...
過去問題の勉強の仕方のポイント・コツ【宅建士・独学】
過去問の勉強が大事と言われてもただ勉強しても宅建は合格できないんです。そこで、独学での過去問題の勉強の仕方のポイントやコツをまとめてみました。過去問には、テキストを2回“ちゃんと”読んだ後に取り組み始めましょう。

実践練習

予想問題集を選ぶ

【保存版】テキスト(参考書,基本書)の選び方のポイントとコツ【宅建士・独学用】
宅建士を独学で勉強する場合、テキスト(基本書・参考書)選びが重要になります。テキストを選ぶ際に気をつけておきたいポイントやコツがあるので紹介しますね。

予想問題集を解く、模擬試験を受ける

宅建士試験の最後の詰めに予想問題集や模試を解く必要性
あくまで予想問題ですが、本番の試験の練習になります。 実際に、過去問の勉強初期の段階で スマホの予想問題アプリで何問か解いたこと...

宅建に合格したいあなたへ

宅建に合格したいあなたへ

 

何度も宅建に落ちた・・。
一発で宅建に合格したい!

たくさんの教材・通信講座があるけれど、どれが確実に合格できるのだろう?

 

厳しい話、どの教材・通信講座を使っても答えは同じです。

あなた次第なのです。

ただ、【宅建を取る】という目標に取り組めるかどうか、です。

この教材が良いのか?と悩んでいるのであれば、価格が高すぎる通信講座もあります。

通信講座でおすすめは以下の2つです。



ユーキャンの宅地建物取引士(宅建士)講座

ユーキャンの宅建講座は値段も適正価格で、確実に合格が目指せるカリキュラムになってます。



「たのまな」宅建士の無料資料請求はココから

オンラインでも学習できる「たのまな」は電車移動などの空き時間にも勉強できます。

色々悩むよりも、やる気があるのなら、てっとり早く勉強を始めるのが本当におすすめです。

悩んでる時間がもったいないです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする