スポンサーリンク

みんなの宅建の勉強法や期間【一発合格した人・複数回で合格した人】比較まとめ

勉強の仕方

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合格した人の勉強法

通信教育で受かった人

  • ユー○ャンの通信やりました。
  • ユー○ャンの3ヶ月集中で受かりました!!
  • 高校のときに雑誌にあったユーキャンのハガキで申し込んで取りました。
  • ユーキャンの市販テキストとwebサイトの無料過去問、市販模試で合格した。
  • ユーキャンです。2か月くらい集中して勉強したらうかったよ

スクールで受かった人

  • スクール通ってた。大学生や社会人もいるクラスで、合格したの40人中二人だけだった。
  • 介護職にしか就いたことないので、半年ほど学校に通い勉強しました。授業は週1回、試験が近くなると(3週間程前から)毎日、仕事終わりに学校に通い2時間ほど、自宅学習は毎朝1時間ほどして仕事へ~って感じでした。
  • タックの講座に週一通ってとりました。
  • 専門学校通いました!毎日、多い時は10時間以上勉強。
  • 半年前からTACに通い、3時間程の講義を週一で受け、自宅でも毎日1〜2時間勉強。問題集は10周以上やりました。
  • 資格の大○に通学して合格しました。自宅だと勉強しないなと思って、先生に気軽に質問出来るし、模擬テストもあるので良かったです。
  • TACの平日夜の講座に半年通って合格しました。法律の勉強なんて初めてだったので、フルタイムで働きながらの両立はかなり大変でした。
  • 真面目に勉強して受かりました。宅建はレックの日曜日講座に3ヶ月間通い、自宅や通勤電車でテキストを理解し問題集を解く。この繰り返しを何度も何度もやりました。民法ではこう!でも、業法ではこう!みたいなことが多々あり、点と点が結びつくまで、5ヶ月頑張った結果です。

独学で受かった人

  • 独学ですが、テキストと過去問10年分しました。毎日帰ってから1、2時間くらい。
  • 250時間の勉強で、1発合格でした。子育て、仕事しながら夜2時間、朝4時に起きて2時間してけっこうボロボロになったような気が。300時間は必要なので、本当に2点プラスのギリギリでした。
  • 過去問は一切やらず参考書のみ。参考書の巻末についている予想問題は繰り返し解く。1日2時間の勉強を3ヶ月程度続けた。
  • ひたすら過去問解いた。過去問3冊を7回繰返し解いた。
  • テキスト一通り読んだらあとは過去問をやりまくる
  • 3か月くらい過去問解きまくって受けたらギリギリで受かった
  • 初めにテキストをざっと一回読みました。わからないところは飛ばす感じで。二回目には読みこみがら単元ごとの問題集や過去問を解きました。だいたい理解できるようになったらひたすら過去問や問題集を何回も解く。そこで間違ったりわからないものはテキストに戻る。本番までに問題集を3、4回は解きました。
  • とにかく問題解きまくる。
  • 私はレックと日建学院のテキストと過去問を使いました。まずは答えを見ながらでもいいから問題を解く。
  • 過去問は間違った所は最低5回はやってくださいね。全体で3回以降は時間を計りながら解いてください。模試があるので受験するのをお勧めします。これは重要。時間配分するのと場慣れに役立ちます。問題は年によっては簡単です。ですが、民法に時間を取られます。知識より国語力を試した問題がありました。民法は必ず図を書いてABCDEの関係を把握する事。頭の中で図を想像しない。本番もそうです。時間はあっと言う間です。
  • 過去問を解いてました!後は買ったテキストの練習問題とひたすら暗記!5月から週1くらいで、仕事後に勉強を始めて、ラスト1週間になりようやく本気で
  • 6~7月に丸覚え宅建塾というテキストを読み込んで、8月から解説付きの過去問集を解説を読みながらやる。9月はネットの一問一答を繰り返して、10月は模試と最後の追い込み。
  • 免除なしで独学3ヶ月で取りました!勉強法は参考書の1つのカテゴリーを読み込む。カテゴリー別の問題集でそのカテゴリーの問題を解く。わからなかったところを再度読み込み、覚えられない所はノートに書く、まとめる、それを壁に貼ったり。過去問10年分を1年ごと、本番と同じ2時間以内に45点以上取れ、答えの理由も全て理解出来るよう練習。覚えない所は書くところに戻ってやる。本番でテンパらないよう資格学校の模試で本番の予行練習。
  • 10年分の過去問をすべて理解して覚えるのに過去問を13周ぐらい回した。
  • 勉強期間は詰め込んだので2ヶ月。学生で勉強慣れてるor法律勉強したことあればこれくらいの期間でもとれる。
  • 知り合いが受けた講座のdvdをもらって2倍速でみて、なんとなく内容把握。一問一答の問題集を通勤時間とな空き時間に解きまくり、正当率50%以上の問題は確実に正解できるように繰り返した。選択肢を選ぶときダメな選択肢はどこがダメか言えるように。
  • 過去問過去10年分くらいを1周だけまわした。間違えた問題はしっかり復習。
  • テキスト一冊と分厚い過去問一冊購入。その過去問を三回繰り返しました。理解できない所は徹底的に調べました。
  • 書店で参考書買って読んで取ったあれは単に記憶すれば余裕、計算も何もない。
  • 独学でテキスト1冊、過去問1冊買いました。勉強期間は3ヶ月ですが本気で勉強したのは試験前の1ヶ月間です。宅建業はテキストを流し読みしてひたすら過去問を解きました。
    民法とかは法の主旨を理解して過去問は適当に解きました。
    結果、民法で正解率が高かったため1度で合格しました。
    最近のデータが5問?ぐらい出る分があるので、それはネットで検索して直前に覚えました。これは良い得点源なので要チェックです。
  • 5年くらい前に一度受験しましたが、そのときはテキスト5ページくらい読んで挫折して、受験料がもったいないから受けただけという、お試し受験でした。
    厚さそれぞれ3センチくらいの市販のテキストと過去問題集を購入しました。
    同じ会社から出版されていて、過去問題集の解説が詳しく、かつ問題数が多く掲載されているものを選びました。しかし、やる気が出ず、9月末まで放置。10月になってから、2回目もお試しでは受験料がもったいないと思い、過去問題集に取り掛かりました。
    問題を読んで解説を読む、ひたすらその繰り返しを受験日まで続け、結局テキストは使いませんでした。合格点ギリギリでしたが、合格しました。
    私の場合は、集中力が続くのが1時間半が限界なので、その時間内に見直しまで終わるよう、問題を読んで解答し、マークするスピードをつけました。
    以前にも士業の試験に合格していて選択式の試験には慣れていたし、過去問題集を解く際に、何分で何問解くか決めて、それを守るうちにスピードが上がってきました。
  • とにかく一冊、テキストの内容を頭に入れて、過去問の問題集や予想問題集をひたすら解きました。
    テキストは試験の1ヶ月前に終わらせて、残りの1ヶ月で頭に叩き込む!直前テストみたいな本が売っているので、1週間くらい前になったら実際に時間をはかってやってみると良いです。間違えたもん勝ちです。今のうちに間違えておけば、実際の試験では間違えません。
    ちなみに勉強期間は約半年強。
  • 一ヶ月ちょいの期間で一発合格!独学です。10年分の過去問二回、直近三年分は三回やって受かりました。
  • 期間は猛勉強して1ヶ月弱で取った。平日7時間休日12時間くらい勉強してたな…学生だったから出来た。
  • 数ヶ月でしたが、主婦になって、はじめてまともに勉強しました。

複数回の受験で受かった人

  • 元々司法書士の勉強していて難しすぎで宅建受けました。
    民法は正直、宅建で出やすい癖や方向性に修正すれば良い程度で楽勝でしたが、宅建業法や他の科目は新たに取り組んだの一度落ちました(過去問だけレックで買いました)2年目で合格した時はやはり過去問のやり直しとタックの模試を受けました。
  • 2回目で合格しました。1回目は自宅で独学。それが私には合わなかったようで、実際の試験では応用がまったく効かずに撃沈。翌年は学校に通いました。人から聞いて学ぶ方法が私には良かったのかも知れません。
  • 資格の学校行きました。最初は独学だったけど案の定落ちたから。
  • 一回目で1点足りなく不合格。二回目で合格でした。完全独学です。参考書、過去問、予想問題と解きました。
  • 一度失敗して、二度目に合格。売買ではないけど不動産の関係の所に勤めていたので、一年目は法律関係の基本的なことを独学+周囲の人に教えを乞う。二年目は過去問を徹底的にやりました。

落ちた人

全然勉強しないで試験受けた人が、不合格だったのに、勉強すれば意外と受かる気がするって言ってた。

宅建に合格したいあなたへ

宅建に合格したいあなたへ

 

何度も宅建に落ちた・・。
一発で宅建に合格したい!

たくさんの教材・通信講座があるけれど、どれが確実に合格できるのだろう?

 

厳しい話、どの教材・通信講座を使っても答えは同じです。

あなた次第なのです。

ただ、【宅建を取る】という目標に取り組めるかどうか、です。

この教材が良いのか?と悩んでいるのであれば、価格が高すぎる通信講座もあります。

通信講座でおすすめは以下の2つです。



ユーキャンの宅地建物取引士(宅建士)講座

ユーキャンの宅建講座は値段も適正価格で、確実に合格が目指せるカリキュラムになってます。



「たのまな」宅建士の無料資料請求はココから

オンラインでも学習できる「たのまな」は電車移動などの空き時間にも勉強できます。

色々悩むよりも、やる気があるのなら、てっとり早く勉強を始めるのが本当におすすめです。

悩んでる時間がもったいないです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする