スポンサーリンク

資格が取りたいけど、どんな資格がいいか分からないアナタへ

次の5つのステップで、あなたにあった資格を絞り込んでいきます。

ぜひ、あなたにピッタリあう資格を見つけてくださいね。

■ あなたにあう資格を見つける5ステップ(1)まずは自分の情熱を確認しながら、資格をピックアップ
(2)必ずあなた自身の特性を活かした資格を取ること
(3)どのくらい稼ぎたいのか、将来像をはっきりさせよう
(4)資格の難易度やかかる費用について調べてみよう
(5)資格を取って、本当に収入が上がるのかを確認しよう

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まずは自分の情熱を確認しながら資格をピックアップ

まず、一つ目のポイントはあなたの情熱です。いくら稼げるといっても、やりたくない仕事の資格を取っても仕方ないですよね。たとえば、数字が嫌いなのに税理士の資格を取ることなどです。

ですからまずはじめに、あなたが好きなことや、情熱を持ってできそうな分野の仕事を考えてみたうえで、それに関係しそうな資格を、いくつかピックアップしてみてください。

必ずあなた自身の特性を活かした資格を取ること

資格をピックアップできたら、次にその資格を取ったあなた自身を想像してみてください。

  • どんな感じで働いていそうですか?
  • あなたの特性にあっていそうですか?
  • 楽しく働いているところをイメージできますか?

先ほど例にあげた会計士さんであれば、数字とにらめっこして帳簿をつけている姿が思い浮かびますよね。そういった様子をイメージして、なんとなく楽しく働けそうだなー、と感じられるなら、その資格はあなたの特性にあっているといえます。

もし、現在会社で働いているのであれば、その職場で資格を生かして仕事をしている姿をイメージするかもしれません。もしかすると、今とは全然違う仕事、あなたによりふさわしい新しい仕事が発見できるかもしれません。

ぜひ、あなたの特性を活かせそうな資格をいくつかピックアップして、実際に働いている姿を想像してみて、自分に本当にあっているかを探ってみてください。

どのくらい稼ぎたいのか、将来像をはっきりさせよう

あなたにあった資格が何となくイメージできてきたら、次は実際にどのくらい稼ぎたいのかなどの将来像を、よりはっきりさせていきましょう。

その資格を取ることで、どのくらいの収入アップが見込めそうですか? どのような感じでキャリアップできそうですか? もしかすると、大きな収入アップをねらって、転職を考えているかもしれませんね。

もし、転職まで考えているのでしたら、転職には大きなリスクがともなうことだけは忘れないでください。仮に今とまったく違う仕事選んだ場合は、収入がアップするどころか、新しい仕事を覚えて一人前になるまでの間は、大きく収入ダウンすることも十分に考えられます。

ネイリストを例にあげて説明します。「ネイリストなってみたい! 楽しく働けそうだわ。ネイリストの資格を取ろう」あなたが仮にそう思ったとしますよね。楽しく働けそうな点は、とても素晴らしいと思います。しかし、実際の収入はどうでしょうか?

最近はインターネットで検索すると、その職種の平均年収も簡単に調べられます。ぜひ、GoogleやYahoo!で「ネイリスト 平均年収」といったキーワードで検索してみてください。

実際にネイリストの収入を調べてみると、平均年収は300~400万ということがわかります。就職もなかなかきびしくて、最初はアルバイトからのスタートが多いようですね。もし、仮にうまく就職できたとしても初任給は15万円くらいだそうです。

どうですか? あなたのイメージどおりですか? インターネットを利用すると、収入がわりと簡単に調べられます。特に転職などの大きな決断をする場合は、あなた自身で十分に確認してくださいね。

資格の難易度やかかる費用について調べてみよう

次に、資格の難易度についても調べておきましょう。難易度を知るには、インターネットで、その資格の合格率を検索すると簡単にわかります。取ろうと思っている資格を、GoogleやYahoo!で「(資格の名前) 合格率」のキーワードで検索してみましょう。

また、同じように資格を取るのにかかる費用についても調べてみましょう。多くの場合、資格を取るには何らかのスクールで勉強する必要があります。

そこで、資格スクールのホームページで、次の3つの情報を調べてみてください(資格スクールは、資格スクールと検索すると、たくさん出てきます)。

■ 資格スクールでチェックしてほしい3つの情報(1)講座の実施回数と期間(例:9ヶ月で全68回の講座)
(2)スクールの費用(例:17万5000円)
(3)受講者の声

(1)と(2)の講座の実施回数と期間、費用を見れば、資格の難易度がわかります。実施回数や期間が多く、費用が高いほど、取得が難しい資格といえます。

そして、(3)の受講者の声も必ずチェックしましょう。実際に受講した人の生の声は、どのスクールを選べばいいかの判断材料になるからです。

資格を取って、本当に収入が上がるのかを確認しよう

さらに、資格を取ることで、どのくらいの収入アップが見込めるのかについても調べておきましょう。

年収はGoogleやYahoo!で「ネイリスト 年収」といった感じで検索すると、わりと簡単に調べられます。

もし、転職などはまったく考えておらず、現在勤めている会社に所属しながら収入アップをしたいのであれば、事前にあなたの会社の収入アップ制度を確認するとよいでしょう。

資格を取ることで収入アップが見込めることについては、以前ソフトバンクが実施している制度が大きな話題になりました。ソフトバンクではTOEICの資格で900点以上を取ると、なんと100万円がもらえるそうです。なんともうらやましい話です。

このような極端な例は少ないとは思いますが、普通の会社であれば、資格を取ってガンバってくれる社員を応援してくれるはずです。

もし、あなたの会社の収入アップ制度についてわからなければ、上司に相談してみるとよいでしょう。資格を取ることで収入アップする制度の有無、そういった前例がないかを聞いてみるのです。

資格を取って仕事に役立てるという前向きな質問なら、きっと上司も悪い気はしないはずですよね。「こいつはやる気がありそうだなぁ」なんて、あなたの評価も上がるかもしれません。

収入アップするかどうかについて調べたら、その次はその金額と、資格を取るのにかかる費用を比べてみてくださいね。見込める収入アップよりも、資格スクールの受講料の方が高いこともあるからです。

もちろん、キャリアアップを目指して、多少費用が高くても資格を取るという選択もありです。将来へ向けての自分自身への投資という考え方ですね。その資格があなたの将来に素晴らしいプラスをもたらすのであれば、ガンバってチャレンジする価値は十分にありますよね。

もしかしたら、あなたの会社では収入アップ制度を設定していないというケースもあるでしょう。職種によっては、関連する資格がない場合もあるかもしれません。

そうしたケースでも、どういう資格を取れば今の仕事に役立つのかを上司に相談することは大変有効です。自分一人で考えるよりも、上司に話を聞くことで意外な資格の存在に気がつくかもしれません。

これも、将来の自分への投資という考え方になりますが、今の会社に収入アップ制度がなく、すぐにお金にならなくても、その資格をとることが本当に今の仕事に役立つのであれば、職場でのあなたの評価は確実に上がるはずです。評価が上がれば、長い目で見れば収入アップにつながっていきます。

また、将来的に転職するのであれば、有利になるでしょう。

自分の人生にとってプラスになる資格を取ろう

いかがでしたか? 資格を取って稼ぐには、難しい資格を取る必要があります。

あなたも、うすうす気づいていると思いますが、本屋に並んでいるような資格ガイドの本は、資格講座の宣伝をかねていて、良いことばかり書いてあるケースが多いようです。

そういった情報をうのみにせずに、必ず自分自身でしっかりと確認して、あなたの人生にとって本当にプラスになる選択をしてくださいね。

宅建に合格したいあなたへ

宅建に合格したいあなたへ

 

何度も宅建に落ちた・・。
一発で宅建に合格したい!

たくさんの教材・通信講座があるけれど、どれが確実に合格できるのだろう?

 

厳しい話、どの教材・通信講座を使っても答えは同じです。

あなた次第なのです。

ただ、【宅建を取る】という目標に取り組めるかどうか、です。

この教材が良いのか?と悩んでいるのであれば、価格が高すぎる通信講座もあります。

通信講座でおすすめは以下の2つです。



ユーキャンの宅地建物取引士(宅建士)講座

ユーキャンの宅建講座は値段も適正価格で、確実に合格が目指せるカリキュラムになってます。



「たのまな」宅建士の無料資料請求はココから

オンラインでも学習できる「たのまな」は電車移動などの空き時間にも勉強できます。

色々悩むよりも、やる気があるのなら、てっとり早く勉強を始めるのが本当におすすめです。

悩んでる時間がもったいないです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする