スポンサーリンク

私の身の回りの人に聞いた独学で宅建士を受験した人達の話

独学って孤独ですよね。

誰かに疑問を聞いて答えを教えてもらえばどんなに楽か。

あー、これはこーゆー意味だったのか。

宅建士を独学で勉強する場合、一人で問題を解決しなければなりませんね。

これは独学の辛い所やデメリットでもあります。

juken_rounin_woman

合格するというモチベーション維持の為、たくさんの人へ「宅建士の試験を受ける」ことを公言しました。

そうしたところ意外にもそこで「受験した事がある人」「資格を持っている人」「取ろうと思った事がある人」など、色んな方と宅建試験についてお話しすることがありました。

宅建士を取得したい、取得しようとしたという人は、意外にも沢山いるんです。

そんな私が聞いたお話をまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

宅建士の資格取得者の《合格体験記》

「資格を持っている人」1人目

元ハウスメーカの方です。

ハウスメーカに勤務中に長年取得するよう言われていたそうです。

会社を辞めると決意し、資格取得に本腰をいれ、見事合格したらしいです。

ハウスメーカ勤務時代に何度も、受験したそうです。

なぜ、何度も受験して合格できなかったのか?

直球で聞き、お話しました。

・会社からの取得を促された事。

・自分の本気度が足りなかったこと。

・忙しい中での勉強不足。

・会社の経費で受験できたこと。

この方のすごい所は、特に勉強せず8回目で合格したらしいです。

試験慣れと7回の試験で間違えた問題だけを勉強したそうです。

試験中もこれは前に間違った箇所だから、正確はコッチ!みたいな勘で回答したようです。

また、5点免除も申請していたそうです。

不動産関係に従事していたことにより、そもそも知識と経験はあったとも言っていましたが、逆に試験ではそれが不利になっていたそうです。

事件は現場で起こっている・・とまでは言いませんが、試験内容と経験では答えが違うことが多かったと言っていました。

「資格を持っている人」2人目

3度目の受験で合格した方のお話です。

不動産会社経営の息子さんです。

お姉さんもいるそうですが、何回も落ち続けているそうです。

お姉さんについては、「今年は受かるんじゃないかな?」と言っていました。

会社でも資格取得を促していて、

従業員に勉強しているか?と聞いてみると大して勉強していない様子で

「そんな勉強じゃ合格できないよ」と言っているそうです。

そこで、本人はどんな勉強法で合格したかを尋ねました。

《この方は、すごく頭の切れがいいなと感じました》

・過去問をどれだけ解いたか?

・過去問はやはり重要か?

・過去問を解いても毎年問題が違っている事に対応できるのか?

尋ねた時です。

1年分の問題50問。

だけど、4択なので 50問×4=200問

10年分で、2000問。

それを5回繰り返したそうです。

なんとその問題数 1万問!

「そんなに問題を解いたら次の年度の問題にも絶対応用が効く」

というお話をされていました。

斬新な切り口!

フムフムと納得しました。

ちなみに予想問題集は解いていないそうです。

過去問を5周なんて凄いです。

さすがと思いました。

今、気づいたこと。

考えてみると私の回りで、資格取得者は2人だけですが、

・学校で学び取得された人がいない。

・一発合格者がいない。

という事に気づきました。

独学で一生懸命、勉強したのですね。

また、一発合格は本腰を入れないと取得できないということです。

みんな隠れた努力・見えない努力をして、資格取得しています。

受験される方は、努力を惜しまず頑張って下さい。

juken_goukaku_daruma

宅建に合格したいあなたへ

宅建に合格したいあなたへ

 

何度も宅建に落ちた・・。
一発で宅建に合格したい!

たくさんの教材・通信講座があるけれど、どれが確実に合格できるのだろう?

 

厳しい話、どの教材・通信講座を使っても答えは同じです。

あなた次第なのです。

ただ、【宅建を取る】という目標に取り組めるかどうか、です。

この教材が良いのか?と悩んでいるのであれば、価格が高すぎる通信講座もあります。

通信講座でおすすめは以下の2つです。



ユーキャンの宅地建物取引士(宅建士)講座

ユーキャンの宅建講座は値段も適正価格で、確実に合格が目指せるカリキュラムになってます。



「たのまな」宅建士の無料資料請求はココから

オンラインでも学習できる「たのまな」は電車移動などの空き時間にも勉強できます。

色々悩むよりも、やる気があるのなら、てっとり早く勉強を始めるのが本当におすすめです。

悩んでる時間がもったいないです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする