スポンサーリンク

宅建は簡単?難易度は?試験内容は難しくなってきている!

難しい

宅建取引士の試験は、例年17万~20万人が受験し、3万人前後の受験生が合格しています。国家試験のなかで16~17%の合格率は高い数字といえるでしょう。

しかし別の見方をしますと、毎回10人のうち8人の受験生が不合格に終わっているのも事実です。

「宅建はそれほど難しくない」というようには、決して侮ることはできない試験のようです。

宅建の難易度と有効性について。

宅地建物主任者試験の難易度と、資格取得後の有効性について
教えててください。

宅建の難易度について色々検索していると、意見が二極化しています。

・宅建は簡単に誰でも取得できる
受験要件の無い資格なので、1-3ヶ月 法学部なら無勉強でも可能 というもの

・宅建は難易度が高い
何度受験しても受からない人もいる 5問免除制度導入によって一般受験者には難しく
半年以上の勉強期間を要する というもの

一体どちらが実態に近いのでしょうか?

>宅建は簡単に誰でも取得できる
誰でも取得できますが、誰でも合格できるわけではありません。
合格率15%、つまり100人が受ければ85人が落ちる試験です。
簡単だと言っている人は、他の15人だけです。
法学部で宅建行方や都市計画法を勉強するのであれば、無勉強でも合格できるでしょうが・・・

>宅建は難易度が高い
上と同じですね、合格率をみれば明確です。
他の法律系資格と比較をすれば簡単でしょうね、私も行政書士にチャレンジしましたが段違いです。

勉強期間はアテになりそうでなりませんよ。
私は去年の6月から勉強して42点合格でしたが、時間にすると350時間は勉強しました。
もう、試験の数日前は過去問投げたりして発狂しそうでした(笑
300時間以上勉強する人が多いみたいですね。

宅建は毎年、受験者の七割方は落ちています。なので簡単とは言えません。

何もしなくても受かるなんて鵜呑みにしないでください。

落ちた方で基本的に適度の量の勉強した方は合格ラインのマイナス8点くらの間にいます。逆にすれすれで受かった方は4択なんでラッキーだった方でしょう。

なんで確実に一回で合格した方はそれなりの努力か才能ある方、運でラッキーな方でしょう。

・宅建は簡単に誰でも取得できる
勉強なしでは、業法上のルールなどがあるのでほぼ不可能でしょう。
・宅建は難易度が高い
難易度は決して高くはないと思います。きちんと勉強した人は合格すると思います。

5問免除は利用せず、独学で一発合格しました。
学習期間は確かに3カ月くらいです。

ただし自営業だったので実質は5カ月分くらいはあるかも。
法学部であっても各論まではカバーしないでしょうからさすがに無勉強は無理と思いますよ。

意見が二極化するのもよくわかります。
(どちらも実態ではあります。)

民法が嫌いな人と、抵抗がない人で宅建の難易度が変わるからです。
そして何度受けても落ちる人は民法周辺を嫌がります。
結果、延々受からない。おそらく永久に受からない。
5問免除でも民法は軽減されません。(だったと思う。)

民法周辺を嬉々として、実務や実生活と照らし合わせながら学習すればそれほどぼ難しくはありません。
民法ができれば 業法や景表法とか広告周辺の法律なども自然、ストーリーが民法よりはっきりしているものが多いので、自動的に合格します。

宅建に簡単に受かる方法って??


あったら私も教えて欲しかったです(>_<)


変な情報商材に騙されないで下さいね。

1週間とか3週間で合格とか、絶対無理ですから!!

あ、天才の方や、1日10時間位勉強できる方は、可能です(´Д`)


簡単にでは、ないけれど、近道は??

近道はあります。

近道は、やはり要領よく勉強することです。

集中して参考書を読む。

やるべきことをやる。

やるべきことは、参考書を2周、過去問3周です。

まずは参考書を集中して読むことです。

これが一番、簡単に宅建に受かる方法だと思います。


要領よく勉強するには??


疑問が出てきたら、軽くノートに書いておく。

それかそのまま参考書にメモっておく。

勉強が進むにつれ、次第に疑問が解決する場合もあります。

また、2周目に参考書を再読した際、

後から参考書を見直した時も、疑問のままでも放置しておいてOKです。


疑問を解決しようと調べてノートにまとめたりするのは、

落とし穴に落ちた行為だと思って下さい。

自己満足です。

試験に合格する為に必要なことではないのです。

試験は、問題を解き、正解し点数を取ることです。

その調べた内容は試験に重要でしょうか。

過去問を解いて、間違った単元を復習する際に、同じ疑問で問題を間違えていたら、

ここで、調べてみる。

ここが重要なところです。

試験に出る箇所を勉強して下さい。

無駄な事はしない事です。

宅建は範囲が膨大に広いのです。

過去の問題では同じ問題を変更した問題になっていたりします。

沢山、覚える事があります。

そして、疑問も沢山てできます。

過去問を解いていって、大体の問題の概要がやっと分かってきます。

参考書を読んでいる段階で、

いちいち調べていても、無駄になる可能性大なのです。


簡単に宅建に受かるということは、出来ないです。

私には。

国家試験が簡単に受かるのであれば、みんな苦労しません。

でも、努力・継続を重ねて勉強すれば誰でも取れる試験です。

これから宅建を取得されようとする方は、頑張って下さいね。

宅建に合格したいあなたへ

宅建に合格したいあなたへ

 

何度も宅建に落ちた・・。
一発で宅建に合格したい!

たくさんの教材・通信講座があるけれど、どれが確実に合格できるのだろう?

 

厳しい話、どの教材・通信講座を使っても答えは同じです。

あなた次第なのです。

ただ、【宅建を取る】という目標に取り組めるかどうか、です。

この教材が良いのか?と悩んでいるのであれば、価格が高すぎる通信講座もあります。

通信講座でおすすめは以下の2つです。



ユーキャンの宅地建物取引士(宅建士)講座

ユーキャンの宅建講座は値段も適正価格で、確実に合格が目指せるカリキュラムになってます。



「たのまな」宅建士の無料資料請求はココから

オンラインでも学習できる「たのまな」は電車移動などの空き時間にも勉強できます。

色々悩むよりも、やる気があるのなら、てっとり早く勉強を始めるのが本当におすすめです。

悩んでる時間がもったいないです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク