スポンサーリンク

宅建士の資格を活かせる仕事・業界【活かす方法・活かし方】

宅建士と聞くと、まずは不動産業を思い浮かべる人が多いと思います。

もちろん、宅建士という資格が活かせるフィールドとしては、不動産業が中心となります。

ただし、宅建士はそれだけにとどまりません。

そこで、このページでは宅建士が活かせるフィールドを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

①宅地建物取引業(宅建業)

不動産の売買・賃貸取引をするにあたって、不動産会社は、契約当事者に対して重要事項の説明を行わなければなりません。
この「重要事項の説明」という業務は、「重要事項説明書への記名押印」「契約書への記名押印」とともに宅建主任者の独占業務、すなわち宅建主任者でなければ行うことのできない業務となっています。
これだけでも、この業界における宅建主任者の重要性がわかりますが、加えて宅建業においては、従業者5人に対して宅建主任者を1人以上置かなければならないという決まりがあります。独占業務が活かせ、かつ宅建主任者の設置義務がある宅地建物取引業は、宅建主任者にとって雇用・年収両方の安定が期待できる業界と言えるでしょう。宅建業者としては、取引仲介がメインの不動産会社の他に、建設会社や、自社商業物件を運営する商業施設なども考えられます。
一口に「宅建業」と言っても、そのフィールドは広く、宅建資格を活かして高い年収を稼げる場面は数多くありそうです。

優秀な従業員がどんなに営業して不動産を仕入れ契約の約束までお膳立てしたとしても、宅建士の資格を持っていなければ、実際には売ることも貸すこともできないわけです。宅建士の資格を有する従業員を雇っていなければ宅建業という商売自体が成り立たないとっても過言ではありません。

②第二種金融商品取引業

設置義務という点では、金融業においても、宅建主任者などを配置しなければならないケースがあります。
たとえば、宅地または建物を信託財産とする信託受益権の売買等を行う場合には、統括、内部監査、法務、営業部門に、宅建主任者を配置することが義務づけられています。
簡単に言ってしまうと、リートを始めとした不動産関連の投資信託や債券を扱う金融業者は、宅建主任者を雇わなければならないということです。
一昔前までは、投資信託や債券は、一部の富裕層向けの商品でした。
しかし今では、一般の人も購入できる身近な商品となり、であるからこそ、金融の素人向けにわかりやすく説明・販売のできる専門家の需要が高まっているとも言えます。
金融業は、不動産業以上に年収が高いことで知られ、宅建資格を持つことで、年収アップのチャンスはますます広がりそうです。

また、住宅ローン審査部署で課長以上に昇進するには取る必要があります。

③コンサルタント業

上の2つのような独占業務や設置義務などはありませんが、宅建主任者としての知識を、コンサルタント業として活かすことも可能です。
たとえば、ダブルライセンスとして社労士の資格を取得して、年金や保険の相談に加えて、不動産を含めた資産運用や資産設計のアドバイスを行うといった活かし方が考えられます。
コンサルタント業であれば、独立・開業という道も考えられますので、そうすると、飛躍的な年収アップも狙えます。

改めて言うまでもありませんが、人が生きていく上で「住」は欠くことのできない要素です。
その意味でも不動産取引は、景気の変動によって数の増減こそあれど、これからも決してなくなることはないでしょう。
また、不景気により、たとえ不動産の売買が低調になったとしても、そのぶん、賃貸の需要は高まるはずです。
時代や景気によって、業務内容や年収は多少変わるかもしれませんが、「住」に密接に関わる宅建という資格の将来性は、まず安泰だと言って良いと思います。

宅建主任者の将来性を展望する上では、業界のトレンドにも注目しておく必要があります。
現在、不動産業界の傾向として、いわゆる「町の不動産屋」的な個人事業者が減り、株式会社の形態を採るところが増えています。
個人事業タイプの不動産業では高齢化が進み、加えて不動産会社としての保証金の問題もあり、この傾向は今後ますます顕著になっていくものと思われます。
こうした現況に鑑みると、これから資格を取得する若い宅建主任者は、株式会社タイプの不動産業に入社し、業務にあたるのが主流になることでしょう。
繰り返しになりますが、不動産業の平均年収は、一般的なサラリーマンよりも高く、約500万円となっています。

もちろん、宅建主任者の将来性は、不動産業という限られたフィールドに限定されるものではありません。
「資格が活かせるフィールド」のページでも述べた通り、宅建主任者は、不動産リートを取り扱う金融業に進出することも可能です。
不動産リートを取り扱う金融業者は、営業や監査の担当者として、不動産取引業務の経験者を配置することが義務づけられています。
また、不動産リートを取り扱わない一般的な金融機関においても、融資やローンの観点から不動産取引に関わることが多く、宅建主任者の資格と知識は重宝されます。
不動産業界で経験を積んだのち、金融業界に転身して、大幅な年収アップを目指すというのも、宅建主任者の進路のひとつです。

建築や金融業界、宅建士が活躍する場は多業界に及ぶ

宅建士という名称から、この資格は宅建業者(いわゆる不動産会社)に勤務しないと役立たないと思われるかもしれません。しかし、実際は、宅建業者以外でも宅建士の資格やその知識は役に立ちます。

(1)建築関係
建築会社ではもちろん建築士の資格が重要ですが、自社で建築した物件を当事者として販売するには宅建業の免許が必要になるので、実は事業拡大を考えている建築会社では宅建士の資格も推奨しているのが通常です。

(2)金融関係
銀行をはじめとする金融機関では、宅建士の資格、さらにはその上の不動産鑑定士の資格が重視されます。不動産を担保評価して融資することが多いからです。

また、都市銀行のほとんどがグループ会社に不動産販売会社を有しており、不動産の知識なくして銀行は成り立たないと言っても過言ではありません。

さらに最近では、貸金業法の改正により、不動産売買契約の媒介契約(いわゆる不動産の仲介)を活用した不動産担保ローンもさかんに行われるようになっております。そういった金融機関の多くは貸金業の免許だけでなく宅建業の免許も取得し、営業所ごとに宅建士の資格をもっている社員を常駐させています。

(3)駐車場関係
コインパーキング等の駐車場経営をする会社でも宅建の知識は重要です。駐車場の賃貸借契約自体は宅建業法も借地借家法の適用もないのですが、マンション経営も行うビルのオーナーなどが顧客であることが多く、付随して不動産投資や売買等の相談を受けることがあります。従業員に最低限の宅建の知識が必要とされるので宅建士の資格は重宝されます。

(4)不動産管理会社
マンションを販売し共益費等の管理業務をするには管理業者の免許が必要です。法的には宅建業とは別の領域なのですが、最近では、不動産を仕入れて、分譲の仲介をして、さらにその管理も行うというトータルサービスを提供する宅建業者が増えています。不動産を仕入れ販売の仲介をするには当然に宅建業の免許と宅建士の資格が必要となります。

宅建は、不動産業界以外でも役立つ!

融資を行う際の担保として、不動産を扱うことが多い金融業界でも宅建は大いに求められます。担保融資の場だけではなく、顧客の資産設計や、様々な日常業務の中でも知識を活かして活躍できます。

土地や建物は営業の基盤。工場用地や、店舗の立地が売り上げを左右する業界も多く、多彩な業種で宅建の知識が役立ちます。また、独立開業して、不動産業を営むことも可能。宅建業は、開業の設備投資が比較的少なくて済むので魅力です。

宅建は、意味のある資格です!

不動産関係に勤めなければ意味のない資格ではありません。

宅建を取得したって不動産業界につかなければ、役にたたないし、意味がない。

また、資格自体を否定される方もおられます。

経験が全てだ。なんて言われたり。

そういう意見を耳にすることもあります。

確かに宅建の資格は

直接的には不動産業界において役立つ資格です。

宅建を取得することは良いことだらけ

家を建てる時、

マンションを購入する時、

アパートやマンションを引っ越す時も

とても役立ちます。

また、子育てが落ち着き、

職に付く場合に、宅建があると選択肢が広がります。

もちろん、不動産業界に就職することに有利な上、

宅建で得た知識をもとに他分野にも応用できます。

民法、宅建行法、税に関する法律なども学びます。

普段の生活にも役立ちますよ!

主婦で宅建を取得したい方

宅建の試験に年齢制限はありません。

他の国家試験は、受験資格が必要だっりしますが、宅建は受験資格がありません。

だから私も、勉強するだけで

取得出来ました。

主婦の方やフリーターの方でも、

資格取得を目指せます。

受験資格がない国家試験

受験資格がない国家試験はあまりありません。

勉強すれば、誰でも取得可能なのです。

宅建は、不動産会社に5人に1人保持者がいないといけません。

なので、不動産会社では、宅建保持者の求人が多いです。

新たな職に付く場合や、不動産関係に興味があるなど、

今よりもっと仕事ができるように

宅建を取得してはいかがでしょうか。

《私に取れるかな?》

と、最初は思うかもしれません。

私もそう思いました。

勉強している時も、

《無理かもしれない》

と、分からない問題に苦戦した時もありました。

でも、最後の3週間は努力をして

過去問を解き続けました。

勉強する気が起きなくて、勉強しない時期もありました。

でも、合格してみて

自分に自信がつきました。

《あきらめずに、勉強して良かった》

法律の知識を学んだ方

法律の知識を大学などで

学んだ事がある方は、

宅建の試験に有利です。

私は、全く学んだ事がなかったので、

始めに参考書の《民法》を読んだ時は、びっくりしました。

不動産関係の資格なのに、

民法が出てくるんです。

勉強を開始した瞬間から挫折しそうになりましたよ。。。汗

これから、宅建を取得しようと思っている方は、勉強を続けることを諦めずに頑張って欲しいです。

毎日、勉強することはとても大変です。

ただ、合格できた時の喜びは

何にも変えれない嬉しさがあります。

努力は、無駄になりません。

継続は、力なり

とも言いますね。

主婦の方や、サラリーマンの方は、

時間が取れずに挫折しそうになるかもしれません。

宅建は、国家資格なので、

そう簡単には取得できません。

参考書を読むことも苦痛になります。

ただそういう時は、5分だけでも

読もう!と心がけて下さい。

そうすれば、気持ちも楽になり、

5分以上勉強できるかもしれません。

気持ちを楽にしながら、集中する。

今このサイトを作っていて、

宅建の問題を見返したり、

参考書を読みなおしたりしていますが、

勉強していた当時よりも

気持ちが楽になったのでしょうか。

問題が前よりも

すっと、分かる気がします。

気持ちを楽に勉強すれば、頭に入りやすいのでしょうか。

もっと気持ちを楽に勉強すれば良かったと思います。

まとめ

主婦の方や、サラリーマンの方など、

宅建を取得する時には、

気持ちを楽に、集中して勉強を頑張って下さいね。

宅建に合格したいあなたへ

宅建に合格したいあなたへ

 

何度も宅建に落ちた・・。
一発で宅建に合格したい!

たくさんの教材・通信講座があるけれど、どれが確実に合格できるのだろう?

 

厳しい話、どの教材・通信講座を使っても答えは同じです。

あなた次第なのです。

ただ、【宅建を取る】という目標に取り組めるかどうか、です。

この教材が良いのか?と悩んでいるのであれば、価格が高すぎる通信講座もあります。

通信講座でおすすめは以下の2つです。



ユーキャンの宅地建物取引士(宅建士)講座

ユーキャンの宅建講座は値段も適正価格で、確実に合格が目指せるカリキュラムになってます。



「たのまな」宅建士の無料資料請求はココから

オンラインでも学習できる「たのまな」は電車移動などの空き時間にも勉強できます。

色々悩むよりも、やる気があるのなら、てっとり早く勉強を始めるのが本当におすすめです。

悩んでる時間がもったいないです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする