スポンサーリンク

宅建士試験【建築基準法】暗記法 「前面道路の幅員による容積率の制限」過去問題

宅建士 試験【建築基準法】暗記法

建築基準法とは、国民の生命、健康、財産の保護を図るため、建築物の敷地、構造、設備、用途に関する最低基準を定めた法律です。

bunbougu_note

「宅建士」試験では、例年は問18と問19が建築基準法の問題となっています。

50点中2点の配点問題となります。

「宅建士」試験では、建築基準法の「単体規定」や「集団規定」が問われる問題が多いです。

「単体規定」とは、個々の建築物が満たすべき基準で全国の建築物に適用される規定です。

「集団規定」は、原則として、都市計画区域及び準都市計画区域内において適用されます。

今回は、建築基準法「集団規定」の[前面道路の幅員による容積率の制限]についてです。

まずは、「宅建士」試験の過去問題をみてみましょう!

 H28年(2017) 宅建士 過去問題 問19

Q.建築基準法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 特定行政庁が許可した場合、第一種低層住居専用地域内においても飲食店を建築することができる。
  2. 前面道路の幅員による容積率制限は、前面道路の幅員が12メートル以上ある場合は適用されない。
  3. 公園内にある建築物で特定行政庁が安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めて許可したものについては、建ぺい率の制限は適用されない。
  4. 第一種住居地域内における建築物の外壁又はこれに代わる柱の面から敷地境界線までの距離は、当該地域に関する都市計画においてその限度が定められた場合には、当該限度以上でなければならない。

A. 正解は、『4』です。


※問1,3,4については、また別記事になっています。

誤っているものはどれか?を聞かれています。

「宅建士」試験はここがやっかいで「正しいものはどれか」「誤っているものはいくつあるか?」など問題形式が様々です。問題文の質問の箇所に線を引くなどして

勘違いして答えを出さないように注意しましょう。


job_suugakusya

2. 〇 正しい

問2は、「集団規定」の[前面道路の幅員による容積率の制限]の問題です。

(建築基準法52条2項)

前面道路(前面道路が二以上あるときは、その幅員の最大のもの。以下この項及び第十二項において同じ。)の幅員が十二メートル未満である建築物の容積率は、当該前面道路の幅員のメートルの数値に、次の各号に掲げる区分に従い、当該各号に定める数値を乗じたもの以下でなければならない。


条文が分かりづらいのですが、ようするに、

『前面道路の幅員によって容積率が制限されるのは、前面道路の幅員が12m未満である場合に限られる。』

ということです。

これは、大事なので暗記しましょう!

Q.前面道路の幅員による容積率制限は、前面道路の幅員が12メートル以上ある場合は適用されない。

という問題は、

A.「正しい」です。

やっかいですね(~_~)

適用される容積率は、

前面道路の幅員が12m以上→指定容積率のみ
前面道路の幅員が12m未満→指定容積率と道路容積率の小さい方

となります。

容積率は、前面道路が12m以上であれば、都市計画で定める容積率が採用されます。
前面道路が12m未満であれば、

都市計画で定める容積率と前面道路の幅員による容積率を比較して、

厳しい(小さい)方を採用します。


容積率とは
容積率とは、「建築物の延べ面積の、敷地面積」に対する割合をいいます。
つまり、容積率=「建築物の延べ面積」÷「敷地面積」であらわされます。

建築物の延べ面積とは、建築物の各階の床面積の合計です。

床面積が1階と2階が50㎡、3階から5階が40㎡の建物があったとすると、
延べ面積は50+50+40+40+40=220㎡となります。

この建物の敷地面積が100㎡だとすると、
220÷100=220/100 つまり容積率は 22/10 となります。


noiroze_juken_woman

過去問題の類似問題 (前面道路の幅員による容積率の制限)

      1. H23/問19-3
        容積率の制限は、都市計画において定められた数値によるが、建築物の前面道路(前面道路が二以上あるときは、その幅員の最大のもの。)の幅員が12m未満である場合には、当該前面道路の幅員のメートルの数値に法第52条第2項各号に定められた数値を乗じたもの以下でなければならない。 ◯
      2. H20/問20-2
        建築物の敷地が、幅員15m以上の道路(以下「特定道路」という。)に接続する幅員6m以上12m未満の前面道路のうち、当該特定道路からの延長が70m以内の部分において接する場合における当該敷地の容積率の限度の算定に当たっては、当該敷地の前面道路の幅員は、当該延長及び前面道路の幅員を基に一定の計算により算定した数値だけ広いものとみなす。◯
      3. H18/問21-3
        法第42条第2項の規定により道路とみなされた道は、実際は幅員が4m未満であるが、建築物が当該道路に接道している場合には、法第52条第2項の規定による前面道路の幅員による容積率の制限を受ける。◯
      4. H17/問22-1
        建築物の容積率の制限は、都市計画において定められた数値によるものと、建築物の前面道路の幅員に一定の数値を乗じて得た数値によるものがあるが、前面道路の幅員が12m未満である場合には、当該建築物の容積率は、都市計画において定められた容積率以下でなければならない。◯
      5. H17/問22-2
        建築物の前面道路の幅員に一定の数値を乗じて得た数値による容積率の制限について、前面道路が二つ以上ある場合には、それぞれの前面道路の幅員に応じて容積率を算定し、そのうち最も低い数値とする。×
      6. H17/問22-3
        建築物の敷地が都市計画に定められた計画道路に接する場合において、特定行政庁が交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めて許可した建築物については、当該計画道路を前面道路とみなして容積率を算定する。◯
      7. H13/問21-3
        建築物の延べ面積の敷地面積に対する割合は、都市計画において定められた数値以下でありさえすればよい。×
      8. H08/問24-3
        建築物の建ぺい率は、当該建築物の前面道路の幅員が12m未満である場合においては、その幅員に応じて、制限される。×
      9. H03/問23-4
        工業地域又は工業専用地域内にある建築物であれば、容積率は、前面道路の幅員による制限を受けない。×
      10. H02/問23-1
        建ぺい率は、前面道路の幅員に応じて、制限されることはない。◯

まとめ

今回は、「宅建士」試験【建築基準法】「集団規定」の[前面道路の幅員による容積率の制限]についてでした。

過去問題に類似問題が多数出ています。

『前面道路の幅員によって容積率が制限されるのは、前面道路の幅員が12m未満である場合に限られる。』

ということは、頭に入れておきましょう!

宅建に合格したいあなたへ

宅建に合格したいあなたへ

 

何度も宅建に落ちた・・。
一発で宅建に合格したい!

たくさんの教材・通信講座があるけれど、どれが確実に合格できるのだろう?

 

厳しい話、どの教材・通信講座を使っても答えは同じです。

あなた次第なのです。

ただ、【宅建を取る】という目標に取り組めるかどうか、です。

この教材が良いのか?と悩んでいるのであれば、価格が高すぎる通信講座もあります。

通信講座でおすすめは以下の2つです。



ユーキャンの宅地建物取引士(宅建士)講座

ユーキャンの宅建講座は値段も適正価格で、確実に合格が目指せるカリキュラムになってます。



「たのまな」宅建士の無料資料請求はココから

オンラインでも学習できる「たのまな」は電車移動などの空き時間にも勉強できます。

色々悩むよりも、やる気があるのなら、てっとり早く勉強を始めるのが本当におすすめです。

悩んでる時間がもったいないです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク