スポンサーリンク

【1ヶ月で宅建】1日10時間勉強する根性があれば合格できる根拠

Best

去年の今頃は、宅建の勉強を初めて1ヶ月くらいで軽く参考書を読んでいたのを思い出しました。

理解しようと頑張っていた時ですね。

最近、平野ノラや女芸人さんが宅建を取得されていたのを知りました。

二人とも1ヶ月間、10時間以上の勉強をし、見事宅建に合格したそうです。

どうやら彼女たちはテレビに出れるまで根気良く努力を続けれる人たちのようです。

私は、半年間ダラダラ勉強したのですが、気合いの1ヶ月で合格できることがこれで証明されましたね。

私は、ビビりというかしたたかな人間なので、半年間の勉強期間を決めました。

が、彼女達は勉学に励むことができる人たちなんだと思います。

努力が裏切らない事実を知っていた人達とも言えますね。

今回は、彼女たちが実践した1ヶ月10時間の勉強で宅建に合格できる根拠を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

宅建に合格できる勉強時間の平均は300時間

大事なのは期間ではなく勉強時間なのです。

また、勉強時間には、個人差が大小あるとは思います。

法律の勉強をしたことがある人は有利なのでもう少し勉強時間が無くても合格できると思います。

一般的に素人が勉強して合格できる勉強時間の目安ですね。

なので、30日×10時間=300時間となります。

なので、1日10時間勉強できれば合格できるとなります。

1日10時間も勉強できないよ!!って人

毎日の勉強時間の確保が難しい人はいますよね。

日曜日だけ10時間の確保はなんとかできるかもしれませんが、毎日は無理な人もいますよね。

仕事をして、家庭もあれば尚更です。

24時間の内、通常であれば会社の通勤時間も含めて10時間前後。

寝る時間を6時間として、16時間。

残り、8時間ありますが、食事、お風呂の時間を含めたら、10時間は無理ですね。

この10時間を確保できない人は、300時間を毎日勉強できる時間と逆算して勉強期間を設けましょう。

また、毎日10時間も勉強する自信の無い人は長めの期間を設けましょう。

9月に勉強開始するなら注意すること

年に1度の試験のため、一発で合格したいならかなりの覚悟が必要です。

また、不慮の事故などがあった場合などはアウトとなります。

勉強方法に悩んだりする時間もありません。

間違った方向で勉強した場合も修正する時間もありません。

努力は裏切らないはずですが、資格取得の勉強を全くしたことがない人がチャレンジする場合は無謀かもしれません。

ある程度の宅建についての勉強方法を調べて取り組むことをオススメします。

選択肢を広げるのも手

私は、完全独学で勉強しましたが、短い期間で勉強するならば通信講座を選択肢に入れます。

間違った方向で勉強して失敗するのが怖いからです。

勉強したからには、受かりたいじゃないですか。

通信講座の進め方を信じて勉強しますね。今だったら。

根性があれば受かるはず

何事も諦めずに頑張れる人は、試験に受かる確率が高いです。

ただ、諦めずに勉強中し、資格を合格したことがない人はまだ気づいていないかもしれません。

合格後の自分の気持ちが。

合格後の自分を想像できる人が試験に受かると思います。

宅建に合格したいあなたへ

宅建に合格したいあなたへ

 

何度も宅建に落ちた・・。
一発で宅建に合格したい!

たくさんの教材・通信講座があるけれど、どれが確実に合格できるのだろう?

 

厳しい話、どの教材・通信講座を使っても答えは同じです。

あなた次第なのです。

ただ、【宅建を取る】という目標に取り組めるかどうか、です。

この教材が良いのか?と悩んでいるのであれば、価格が高すぎる通信講座もあります。

通信講座でおすすめは以下の2つです。



ユーキャンの宅地建物取引士(宅建士)講座

ユーキャンの宅建講座は値段も適正価格で、確実に合格が目指せるカリキュラムになってます。



「たのまな」宅建士の無料資料請求はココから

オンラインでも学習できる「たのまな」は電車移動などの空き時間にも勉強できます。

色々悩むよりも、やる気があるのなら、てっとり早く勉強を始めるのが本当におすすめです。

悩んでる時間がもったいないです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする