スポンサーリンク

宅建士を持っている人は儲かる?年収・給与を調査【宅建資格を取るなら】

年収

宅建士とは、人気の国家資格です。
正確には、宅地建物取引士(たくちたてものとりひきし)と言います。

宅建士の資格はそこそこ難易度が高く、目指すならある程度の年収がアップすることが目的の一つであると思います。

  • 資格を活かすのだから、少なくとも今より少しは給与が上がって欲しい
  • 不動産業へ転職し、羽振りの良いイメージだから、成功すれば高額報酬を期待する

等、それぞれに理想がありますよね。

そこで、宅建士の年収について、調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

資格手当てを支給する会社がある

不動産企業では、宅建取引士に資格手当として毎月15,000円~30,000円を支給している会社が多いようです。

これは毎月黙っていても給料として支給されるお金です。

年間で考えると20~30万円なので、この固定収入は大きいですね。

不動産企業以外の資格手当ては、「5千円から2万円程度」が相場のようです。

「宅地建物取引業法」に基づき制定された立派な国家資格ですので、会社ごとに額こそ違えど、何かしらの資格手当が支給されることが期待できます。

宅建の資格取ったら報奨金で数万円もらえる会社もあるそうです。

厚生労働省が発表する「不動産業の年収」

宅建主任者の年収については、そのものずばりを示したデータがないため、明確に「いくら」とは言いにくいのです。

ただ、宅建主任者の多くが在籍する不動産業の年収に関する統計が、厚生労働省から出されています。

それは、厚生労働省が毎年実施している「賃金構造基本統計調査」というものです。

「賃金構造基本統計調査」

平成23年度

  • 不動産取引業の年収は平均で約530万円
  • 不動産賃貸業・管理業の年収は平均で約490万円

平成28年度

  • 不動産取引業の年収は平均で約578万円
  • 不動産賃貸業・管理業の年収は平均で約***万円

全産業の平均年収は470万円なので、不動産取引業の年収は「高め」という事になります。

宅建士は金融業でも生かせる資格ですが、金融業の平均年収は最も高くなっています。

また、ここ5年で年収がアップしています。不動産業と言うと、景気の煽りをもろに受ける業界だけに、年収も浮き沈みが激しいのでは、と思っている人も多いと思いますが、ここ数年に関して言えば、大きな波もなく、おおむね年収500万円前後で推移しているようです。

年収には「差」がある

しかしながら、実際のところ、宅建士になったからといって必ずしも年収500万円程度を稼ぎ出すことができるかといったら、決してそうではありません。
ひと口に“宅建業者”といっても、働き方や能力は人によって様々です。
年収200万円台の方がいれば、余裕で1,000万円を稼ぐ人もいます。
とりわけ不動産取引業については、個人の営業スキルや人脈によって大きく売り上げが変わります。
また、給与体系に「歩合制」が組み込まれているケースが少なくないため、「年収は人による」といった認識が色濃く出やすいものです。

具体的には、同じ仕事に就いていたとしても、年収1000万円の人がいれば年収300万円の人もいるわけです。この両者の平均は650万円。

あくまで平均年収とは、「平均した年収」という事を頭に入れておきましょう。

不動産会社の宅建士

この方たちの平均年収は、500万円700万円くらいだそうです。

最近の中途採用の求人を調べてみると、スタートが300万円くらいの会社から500万円くらいの会社まで幅広くなっていますので、最初からというわけではありません。

「賃貸営業」の職種の年収

年収に換算すると300~400万円台が一番多いです。

不動産仲介では年収1000万円を超える人が多く、なかには2000万円を超えるという人もいます。しかし、厳しい実力の世界であり、営業成績が悪い人となると200万円台という方もいます。

営業メインの不動産業界

個々の能力によって収入に大きな差が生じる「営業」。

宅建士としてバリバリ年収を上げていきたいのであれば、事務方に回るよりも自ら営業に出て、どんどん結果を出していく必要があるでしょう。

ですが、この「営業」という仕事柄、どうしても個々のスキルによって実績に差が生じやすいものです。
実務の世界では、この「差」が収入に大きく関わることになります。
不動産業界における営業職の場合、基本給は安く抑えられていて、その分「歩合」として個々の実績が反映されるのです。
つまり、結果を出せない人にとっては、非常に稼ぎにくい職場であると言えます。

求人内容からの年収

宅建という資格の実力を知る上では、求人情報も参考になります。求人サイトに掲載されているモデル年収をチェックしてみても、やはりその他の業種に比べて不動産業の年収は高く、また宅建資格保有者は優遇される傾向にあるようです。年収アップの面もさることながら、宅建は、就職や転職の際にも強みとなる資格だと言えそうです。

宅建は、弁護士や税理士のように何千万円も稼げるといった資格ではありません。

しかし、企業に勤めながら(=安定した収入を得ながら)、一般的なサラリーマン以上の年収を稼ぐことのできる、ローリスク・ミドルリターンの優良資格です。

まとめ

「不動産業界の年収」は、スキルやノウハウが直接的な収入になり、だからこそ「やりがいがある」とも言えます。

宅建士の年収についてこのような話をすると、実務未経験からこの資格に挑戦し、就職しようという方にとっては大きな不安を与えることになってしまうかもしれません。

ですが、このような不動産営業職の実態は、裏を返せば「誰にでも年収アップのチャンスがある」ということでもあります。

異業種で培ったノウハウが、不動産営業に役立つこともあるでしょう。
ご自身の意外なスキルで、バリバリ結果を出すことができるかもしれません。

必ずしも年功序列ではなく、収入も立場も実力次第だからこそ、新規参入がしやすい業界であると言えるのではないでしょうか?
目指すからには、ぜひ夢を持って頑張りましょう!

宅建に合格したいあなたへ

宅建に合格したいあなたへ

 

何度も宅建に落ちた・・。
一発で宅建に合格したい!

たくさんの教材・通信講座があるけれど、どれが確実に合格できるのだろう?

 

厳しい話、どの教材・通信講座を使っても答えは同じです。

あなた次第なのです。

ただ、【宅建を取る】という目標に取り組めるかどうか、です。

この教材が良いのか?と悩んでいるのであれば、価格が高すぎる通信講座もあります。

通信講座でおすすめは以下の2つです。



ユーキャンの宅地建物取引士(宅建士)講座

ユーキャンの宅建講座は値段も適正価格で、確実に合格が目指せるカリキュラムになってます。



「たのまな」宅建士の無料資料請求はココから

オンラインでも学習できる「たのまな」は電車移動などの空き時間にも勉強できます。

色々悩むよりも、やる気があるのなら、てっとり早く勉強を始めるのが本当におすすめです。

悩んでる時間がもったいないです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする