スポンサーリンク

【宅建士】不動産業界の今後の将来性・動向・課題は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

不動産業界の今後の将来性

不動産業界の将来性について考えていきましょう。

ここ数年で言えば、不動産業界は比較的安定して市場規模を伸ばしていくと考えられます。

震災による復興事業や東京オリンピックに向けた事業による影響で需要が高まっているからです。現在の不動産業界での業界規模は回復傾向にあります。

しかし、長い目で見ると、やはり少子高齢化による人口減少が不安要素となります。

世帯数が減少することで、ファミリー物件よりも単身者向けの物件の需要が上がったり、消費者の意識の変化により安全性や保障がしっかりしている物件が求められたりと、ニーズにも大きな変化があらわれています。

人口が減少していく中で、消費者のニーズにいかに応えていけるかどうかが、不動産業界企業の課題となるでしょう。

今後は、不動産業界でも顧客の取り合いが発生する可能性もあります。そのような状況では、消費者のニーズへの対応力が高い企業が生き残っていくと考えられます。

宅地建物取引士(宅建士)の将来性

今後、商習慣や取引形態がアメリカ式に代わってきた場合は正直怖いぐらいに儲かると思います。

宅地建物取引士(宅建士)の現状と将来変更されるかもしれない点を下記に書いておきます。

主に昔からアメリカ式に変更しようとする議論がされていますのでその点に関して書いていきます。

宅建士の設置人数

現状は、事務所に宅地建物取引士(宅建士)の人数が5人に1人でないといけませんが今後は必ず1人ずつ宅地建物取引士(宅建士)の資格を取得しなければならないと変更されるかも知れません。

少し前ですが、3人に1人、宅地建物取引士(宅建士)を設置しなければならないと変更しようとしていましたがこの人数でも不動産会社を経営している人は結構つらいと思います。

10人の会社で2人宅地建物取引士(宅建士)の場合、1人の資格者が辞めるとなると他4人をクビにするか資格者を一人補充しなければならないからです。この数値が全員、宅地建物取引士(宅建士)の資格を取らなければならないとなったら、かなり大変なことになるのはお分かりでしょう。

アメリカ式でしたら、必ず全員が不動産資格保有者でなければなりません。

不動産業界の今後の課題

1:人口の減少

少子高齢化が進む現在の日本では、今後は人口が減少していく….というのは皆さん周知の事実です。

全国の世帯数も、2019年をピークに減少していくと見られています。

今後、不動産業界はそのような社会の変化に対応していかなければならないのです。

例えば、今後未婚化が進むことで、ファミリー向けの物件よりも、単独高齢者向けの物件や住宅の需要の方が、増していくでしょう。

このように、消費者が不動産業界に求めるものが変化しつつあるので、今後は需要の変化に応えていけるよう、取り扱う物件やビジネスモデルを変えていく必要があります。

2:中小企業や地域密着型企業の減少

現在、特に高まっている物件に対する消費者のニーズが、「安全性」です。しかし、中小企業や地域密着型の所謂「町の不動産屋さん」には、消費者が求める安全性に応えられるだけの物件を紹介する力やコネクションがないと見られています。その為、今後は不動産業界の小規模な企業は消滅していき、大手企業やフランチャイズ企業がその穴を埋めることになると予想されています。しかし、大手企業が進出しない地域や、フランチャイズを出し過ぎて大手企業の経営が苦しくなる可能性もある為、地域における不動産会社の在り方は、業界全体の課題として考えていく必要がありそうです。(※4)

3:学生向け物件の需要の低下

人口の減少にも関係していることですが、不動産業界に訪れる今後の大きな変化として、特に学生向け物件の需要の低下があげられます。少子化によって、学生の数が減少すると、学生向け物件の中でも古い部屋や利便性が低い物件などから、空室となっていくと予想されています。その為、敷金・礼金や保証金などの制度も、消滅していく可能性があります。また、これまで学生向け物件でビジネスをしてきた賃貸のオーナーなども性質が変わってくるため、不動産業界ではこのような変化にも対応していく必要があるとされています。(※4)

市場動向

  • 平成17年~平成20年にかけて増加傾向。
  • 平成21位年に大幅に減少します。平成20年の金融危機がその原因とされ、オフィスなどの需要が低下し、空室物件が業界全体で増加したためと考えられます。
  • 平成21年~平成23年にかけては、減少した規模のままほぼ横ばい傾向が続きます。
  • 平成24年になるとようやく回復傾向に転じます。
  • 平成25年も、不動産業界の業界規模は増加し続け、平成17年以降で最も大きな業界規模に。増税前の駆け込み需要や、アベノミクスの影響が大きいと考えられす。

宅建に合格したいあなたへ

宅建に合格したいあなたへ

 

何度も宅建に落ちた・・。
一発で宅建に合格したい!

たくさんの教材・通信講座があるけれど、どれが確実に合格できるのだろう?

 

厳しい話、どの教材・通信講座を使っても答えは同じです。

あなた次第なのです。

ただ、【宅建を取る】という目標に取り組めるかどうか、です。

この教材が良いのか?と悩んでいるのであれば、価格が高すぎる通信講座もあります。

通信講座でおすすめは以下の2つです。



ユーキャンの宅地建物取引士(宅建士)講座

ユーキャンの宅建講座は値段も適正価格で、確実に合格が目指せるカリキュラムになってます。



「たのまな」宅建士の無料資料請求はココから

オンラインでも学習できる「たのまな」は電車移動などの空き時間にも勉強できます。

色々悩むよりも、やる気があるのなら、てっとり早く勉強を始めるのが本当におすすめです。

悩んでる時間がもったいないです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする