スポンサーリンク

資格の試験勉強は独学・通信・通学のどれを選べばいいか?

就職することなどを機に、資格を取得したいなと考えている方は勉強方法を選ぶ場合にどのように選べばいいのか迷うと思います。

いくらメジャーな資格でも、周りに相談できる相手がいないと困ると思います。

学校でも全く関連したような勉強はしていなく、全く資格に関する知識もない始めて受験される方もいますよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

勉強方法は、3つ

資格を受験するに当たり、勉強方法は次の3つになります。

  1. 書店などで購入することが出来るテキストで勉強する方法
  2. 通信講座で一貫性のあるセットで勉強する方法
  3. 学校などの通学して勉強する方法

自分に合った勉強方法を選ぶべきなのですが、どう選べばいいでしょうか。

生活している環境が違うので、どの勉強法を選べばいいかは個人差があります。
まずは本屋さんで参考書・テキストや過去問題集を見て独学で一人で勉強できるのか?を判断されてみて下さい。

書店のテキストなどで勉強する方法

他の勉強方法に比べ不利な点が多いですが、しっかり勉強すれば必ず受かります。

特別お金をかける必要もなく、色々な出版社から「基本書→応用→過去問題→直前問題」などの体系的な本が出ていますのでそれで十分に勉強を進めることができます。

メリット

  • あまりお金がかからない。お金をかけたくないのであれば、テキスト+過去問題集+補助本1万円位で合格できます。
  • 自由に好きな時間に勉強できる。

デメリット

  • 根気と気力と時間が必要。
  • 勉強を継続して自分で行わなければならない。
  • 間違った方向で勉強し続けると誰も指摘してくれない為に、大幅な時間のロスができてしまう。
  • 書店で買えるテキストは、いまだに「白黒」または「赤・黒の2色刷り」であるものがほとんどで、
    印刷の色味を増やすとコストが上がることが、その理由。
    色味の少ないテキストは、ポイントがわかりにくく、単調な印象を受けるため、勉強する気力が削がれてしまう。
  • 合格体験記などは詳しく人に聞ける機会も少ないので自分の勉強法や学習スケジュールが正しいか確かめることが出来ない。
  • モチベーションが低下した時等に励みになるアドバイスをくれる人がいない。
  • テキストだけで勉強するので、ただ机に向かって勉強していると嫌になる。
    参考書・テキストを読むだけの学習では、理解は進みづらく、わからない箇所は一つ一つ自分で調べなければならない。時間も労力も大幅にかかり、非効率。
  • 様々な勉強方法を用いることができないので、飽き易い。
  • 講義CD(音声)または講義DVD(映像)で勉強できない。
  • 偏った勉強法で学習漏れが出てくる。
  • 市販で色々揃えると、面倒で余計にお金がかかってしまう恐れがある。
  • 他のテキストに浮気することによる弊害が出てくる。
    他のテキストを1度見てしまうと、最悪はどっちつかずの状態に陥り、いろいろなテキストを見てたくさん学習したつもりという状態になってしまい、結局は効率的に覚えることができなくなるケースが多い。
  • どうしても暗記に頼ってしまい、すぐに忘れてしまう。

通信教育で勉強する方法

通信教育ですとテキスト、CD、DVD、eラーニング、その他グッズなど、いろいろセットになったものが多いので、様々な勉強方法を用いることができて、楽しく勉強できるので飽きっぽい方にお勧めです。

メリット

  • 自由に好きな時間に勉強できる。
  • 一貫性があるので、宅建を合格できるように研究されたセットで簡単に手に入れることが出来ます。
  • DVDなどいろいろなタイプの教材はもちろん、合格手帳やマークシート用のボールペン(見たことないくらい太い!!!)までついてくるくらい、バラエティーに富んだセットが各社から販売されている。
  • 時間がなく効率的に学習したい人は通信で学習するのがベストです。
  • 合格の為のプランがしっかりしている。
  • 通学よりは受講料が安い。
  • 合格体験記などが参考になる。モチベーションが低下した時等は励みになります。
  • 講義CD(音声)または講義DVD(映像)が付属されるので通勤時間などに聞けて便利
  • 理解が進み、時間と労力を削減できる。
  • 学習スケジュールが把握できる
  • 重いテキストを持ち歩かなくて好きな時間に好きな場所で講義が見れるのは便利。隙間時間を有効利用することができます。
  • 分からないところはメールで質問できる。
  • 何度も専門の講師に質問や確認ができる。
  • とことん理解して、暗記をなるべく避けれる。
  • 過去問の出題傾向の分析、毎年の法改正を自分で調べる手間が省ける。
  • 一発で合格できる可能性が高い。

デメリット

  • 勉強を継続して自分で行わなければならない。
  • 独学よりもお金が多少かかる。
  • 自分好みのテキストが選べ無い。
  • 過去問題集をやり込めない。合格者の共通点は「過去問題をやりこむ」こと。
  • 質問や確認がその場で確認できない。

学校へ行って学習する方法

お金と時間に余裕があるなら、学校へ行く方法が手っ取り早いです。
また人に教えて貰う方が覚えが早い方にお勧めです。

メリット

  • きちんとした学習ができるので困ったときも質問すれば先生がいるので
    学習の効率はいいと思います。
  • テキストだけでは理解しにくい、色々な法律(規制)があるので通学して授業を聞くことでスムーズに勉強できます。
  • 確実に合格されたい方は「学校」を選択するのがベストです。
  • 分からないところはすぐに質問でき、効率的に学習ができる。
  • とことん理解して、暗記をなるべく避けれる。語呂などを駆使してたくさん暗記しなくとも、理解を徹底して、 そして何度も過去問を解いていくだけで、いつのまにか覚えてしまっているという状態になることができる。
  • 過去問の出題傾向の分析や毎年の法改正を自分で調べる手間が省ける。
  • 一発で合格できる可能性が極めて高い。
  • 苦手分野も自分で調べる手間をかけずに勉強できる。
  • 何度も専門の講師に質問や確認がその場で出来る。
  • 効率的に頻出事項や絶対に落としてはならない部分の学習に専念することができる。
  • 同じ目的のために切磋琢磨できる仲間が一同に集まるので、かなりのモチベーションアップにつながる。

デメリット

  • 他の勉強方法より、割高である。
  • 自由な時間に勉強出来ない。
  • 通学しなければならないので移動時間や交通費がかさむ。

まとめ

私の考えでざっくりとですが、次の場合ように選ぶと良いと思います。

  • お金と時間に余裕がある方→学校へ行き通学しながら勉強する方法が手っ取り早いです。
  • 時間はあるがあまりお金がなくて一人で学習する根気がある方→書店で購入することが出来るテキストで勉強する方法がいいです。
  • 時間がなく効率的に学習したい人は通信で一貫性のあるセットで勉強するのがベストです。

ご参考にしてみて下さいね。

宅建に合格したいあなたへ

宅建に合格したいあなたへ

 

何度も宅建に落ちた・・。
一発で宅建に合格したい!

たくさんの教材・通信講座があるけれど、どれが確実に合格できるのだろう?

 

厳しい話、どの教材・通信講座を使っても答えは同じです。

あなた次第なのです。

ただ、【宅建を取る】という目標に取り組めるかどうか、です。

この教材が良いのか?と悩んでいるのであれば、価格が高すぎる通信講座もあります。

通信講座でおすすめは以下の2つです。



ユーキャンの宅地建物取引士(宅建士)講座

ユーキャンの宅建講座は値段も適正価格で、確実に合格が目指せるカリキュラムになってます。



「たのまな」宅建士の無料資料請求はココから

オンラインでも学習できる「たのまな」は電車移動などの空き時間にも勉強できます。

色々悩むよりも、やる気があるのなら、てっとり早く勉強を始めるのが本当におすすめです。

悩んでる時間がもったいないです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする