スポンサーリンク

試験対策ちゃんとした?試験内容や時間などをチェックしてみよう!【宅建士・独学】

独学で宅建士を受験する場合、テスト対策も全て自分で行わなければなりません。

今回は、実際の試験で慌てない様に、試験内容や時間などをチェックしてみることにしましょう。

試験対策をバッチリして、試験に臨みましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

試験問題

宅建の試験問題は、50問です。
4択のマークシート記述になります。
不動産に関係する法律や税制から幅広く出題されます。
ただし、大きく分けて4つの分野なので、難しく考えなくても大丈夫です。

試験内容をまず考えてみましょう。

出題形式のきっかけに注意

過去問題を解くと分かるのですが、宅建の試験でどのような問題で出題されるのでしょうか。
ひっかけ問題もあるので、過去問の出題形式に慣れることは、重要です。

きちんと問題を読み、正しい答えを出します。
ただ、問題文の最後の問の形式がやっかいです。

  • 「正しいか」
  • 「誤っているものはどれか」
  • 「正しいものはいくつあるか」
  • 「誤っているものの組合せはどれか」

等の問いがあります。

解いていると混乱してきます。
私は、問題文に「正しいものはどれか」等の問の文に目立つように下線を引いていました。
また、参考書をしっかり読み、問われる内容を理解していないと「いくつ正しい」かが分からないです。

合格ラインがある。

合格ラインは、32点~36点位の70%前後の点数以上で合格になります。
その年の試験により合格点が変わります。
受験者の平均点数から、合格率15%位をみて、合格点が決められていそうな感じです。

※不動産業界で働いている方は、「5点免除の制度」があります。

試験問題の分野別の概要をつかむこと。

50問の試験で、分野ごとに問題数が決められています。

  • 「権利関係」(14問) 問1~14
  • 「法令上の制限」(8問)問15~22
  • 「税その他」(3問)問23~25
  • 「宅建業法」(20問)問26~45
  • 「免除問題」(5問)問46~50

※近年の傾向です。

さらに細かく分類すると

勉強し始めの時は、特に意識しくても良いです。

しかも、過去問を解いていくと大体の問題が分かってきます。

一応、細かく書いてみます。

「権利関係」(14問)問1~14

・民法から10問
・借地借家法から2問
・不動産登記法から1問
・建物区分所有法から1問

「法令上の制限」(8問)問15~22

・都市計画法から2問
・建築基準法から2問
・国土利用計画法から1問
・農地法から1問
・土地区画整理法から1問
・宅地造成等規制法から1問

「税その他」(3問)問23~25

・税金から2問
・不動産鑑定評価・地価公示法から1問

「宅建業法」(20問)問26~45

・宅建業法から20問

「免除問題」5問

・住宅金融支援機構から1問
・不当景品類及び不当表示防止法から1問
・統計から1問
・土地から1問
・建物から1問

通信教育の直前講座を利用する

TACとかLECとかで直前講座を2〜3万程度支払って受けるといいです。
勉強だけではわからない、試験のコツを教えてもらえます。
頑張って下さいね。

宅建に合格したいあなたへ

宅建に合格したいあなたへ

 

何度も宅建に落ちた・・。
一発で宅建に合格したい!

たくさんの教材・通信講座があるけれど、どれが確実に合格できるのだろう?

 

厳しい話、どの教材・通信講座を使っても答えは同じです。

あなた次第なのです。

ただ、【宅建を取る】という目標に取り組めるかどうか、です。

この教材が良いのか?と悩んでいるのであれば、価格が高すぎる通信講座もあります。

通信講座でおすすめは以下の2つです。



ユーキャンの宅地建物取引士(宅建士)講座

ユーキャンの宅建講座は値段も適正価格で、確実に合格が目指せるカリキュラムになってます。



「たのまな」宅建士の無料資料請求はココから

オンラインでも学習できる「たのまな」は電車移動などの空き時間にも勉強できます。

色々悩むよりも、やる気があるのなら、てっとり早く勉強を始めるのが本当におすすめです。

悩んでる時間がもったいないです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする