スポンサーリンク

宅建士【受験・試験申込】郵送での申し込みの方法・仕方

pp_shikakuipost_TP_V1

宅建士を受験するには、試験の申し込みが必要です。
受験の申し込み方法は【郵送】【インターネット】からの2種類となっています。

宅建士の試験を受ける手続きについて、今回は【郵送】の場合の試験申し込みの仕方を詳しく説明します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

独学で宅建を勉強している人は自分で申し込みが必要

始めて受験する方は特にですが、独学している方は全て自分で調べて行動しなければなりません。
申し込み期間は1ヶ月ありますが、忙しい場合などに忘れてしまう場合もあります。
学校などや通信講座で勉強されている方々は、教えて貰えるのでいいですね。

私は、独学でしたので、ホームページなどで調べました。
受験申し込みは2種類あり、【インターネット申し込み】か【郵送申し込み】になります。
受験申し込みをしないと試験さえ受けられません。

今までの努力が水の泡となってしまいます。
≪忘れず・必ず≫に申し込みをしましょう。

受験を申し込める期間が1ヶ月あります。
ただ、郵送とインターネット申し込みで期間が違うので注意です。

【インターネット申し込み】は申し込み期間が短い

宅建の試験日は 毎年10月の第3日曜日となっています。

次回は、平成28年10月16日(日)です。

【郵送申し込み】

7月3日から7月31日まで

【インターネット申し込み】

7月3日9時30分から7月15日21時59分まで

正式な期間は、宅建試験のスケジュール – 不動産適正取引推進機構で確認して下さいね。

このように【インターネット申し込み】は、期間が短いので注意が必要です。

【郵送】試験申し込みの場所は、原則【住民登録】住民票のあるところ

試験申し込みは、原則【住民登録】(住民票のあるところ)になります。
受験申込みは、原則として、申込み時点で住んでいる都道府県で、住民登録(住民票のあるところ)になります。
(試験は都道府県単位で実施するため)

例外もあります。
学生や単身赴任等の事情があり、住民登録とは別のところに居住している場合には、
現に居住している都道府県で受験することが可能です。

受験申込書には、現住所(郵便物が届く住所)を記入することに注意して下さい。

【郵送】の試験申し込み方法について

まず、郵送の場合は、受験を申し込むにあたり
住んでいる都道府県の ≪試験案内≫(受験申込書用紙付属)(A4サイズの封筒)
を入手しなければなりません。

≪試験案内≫の入手方法

都道府県ごとに、書店や協力機関の窓口等で配布されているものを取りに行く。
住所地の協力機関に受験申込書(試験案内)を郵送により請求する。

◎郵送により請求する場合

140円分の郵便切手を貼ったA4判の用紙が折らずに入る大きさの返信用封筒(角2以上)を同封の上、協力機関に請求します。
(注) おひとり1部に限る(誤記は明瞭に訂正されていれば問題なし。訂正印不要。)。

◎配布されているものを取りに行く場合

入手先については、一般財団法人不動産適正取引推進機構の
各都道府県ごとのお問い合わせ先(協力機関)はこちらをご覧ください。をクリックします。

各都道府県の協力機関のHPに飛びます。
そこで、「宅建試験のご案内」などをクリックすると配布先があります。

都道府県により違うと思いますが、宅地建物取引業協会と各支部や書店などになります。
そこに書いてある場所へ行くと、≪試験案内≫が置いてあります。

【郵送】受験手数料を払う

郵送申込みの場合になります。
試験案内の封筒の中に綴じ込んである払込取扱票(郵便局〈ゆうちょ銀行〉)
又は振込依頼書(銀行)により、郵便局〈ゆうちょ銀行〉)の貯金窓口又は銀行窓口で、振り込みます。

受験手数料は、¥7,000円です。

このときに、振替払込受付証明書(郵便局〈ゆうちょ銀行〉)又は銀行振込受付証明書(銀行)に証明印を押して貰ったものを受け取ります。
これを受験申込書の所定欄に貼付して申し込みます。
ATMで振り込んだ場合は、受験申込みとなりません。

必ず、郵便局〈ゆうちょ銀行〉の貯金窓口又は銀行窓口で、振込みしてください。

【郵送】証明写真を撮る

顔写真のサイズはパスポート申請用サイズとなります。
証明写真の機械で、撮る場合はパスポート申請用にすればOKです。
これを受験申込書へ貼り付けましょう。

撮った写真は念のため、
(縦4.5cm、横3.5cm、頭頂からあごまでが長さ3.2cm以上3.6cm以下のもの)
か定規で確認して下さい。
※顔写真については、指定したサイズ以外など不適切な場合は、差替えを指示されるようです。

【郵送】受験申込書に記入する

住所・氏名などを受験申込書に記入しましょう。
写真も忘れずに貼り付けましょう。
払込受付証明書も貼り付けます。

登録講習修了者は、証明書の添付が別途必要となります。

【郵送】≪受験申込書≫を発送する。

試験案内が入っていた封筒に受験申込書を入れ、郵便局で簡易書留で発送して下さい。

ポストに切手を貼り投函するのは「NG」です。

まとめ

詳しく説明しましたが、平成27年度の私の受験時の内容ですので変更がある場合があります。

注意点は、この2点です。

  • 期間内に≪忘れず・必ず≫に申し込みをすること。
  • 試験案内が入っていた封筒に受験申込書を入れ、郵便局で簡易書留で発送すること。

受験年度の≪試験案内≫や一般財団法人不動産適正取引推進機構のHPなどを良く読んで受験申し込みして下さいね。

宅建に合格したいあなたへ

宅建に合格したいあなたへ

 

何度も宅建に落ちた・・。
一発で宅建に合格したい!

たくさんの教材・通信講座があるけれど、どれが確実に合格できるのだろう?

 

厳しい話、どの教材・通信講座を使っても答えは同じです。

あなた次第なのです。

ただ、【宅建を取る】という目標に取り組めるかどうか、です。

この教材が良いのか?と悩んでいるのであれば、価格が高すぎる通信講座もあります。

通信講座でおすすめは以下の2つです。



ユーキャンの宅地建物取引士(宅建士)講座

ユーキャンの宅建講座は値段も適正価格で、確実に合格が目指せるカリキュラムになってます。



「たのまな」宅建士の無料資料請求はココから

オンラインでも学習できる「たのまな」は電車移動などの空き時間にも勉強できます。

色々悩むよりも、やる気があるのなら、てっとり早く勉強を始めるのが本当におすすめです。

悩んでる時間がもったいないです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする