スポンサーリンク

通信講座・通信教育・オンライン講座・web講座って何が違うの?

資格を取ろうとして教材を調べると、通信講座・通信教育・オンライン講座・web講座と色々な表現が出てきます。

資格を勉強したくて、何をどう始めていいかも分からない人は余計に悩みますよね。

しかも最近では、「通勤講座」という言葉も見かけます。

更にややこしいです。

何か違いがあってそう表記しているのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

使用されている表記

  • 通信講座
  • 通信教育
  • オンライン講座
  • web講座
  • 通勤講座

有名大手通信教育の会社

  • 「TAC」
  • 「ユーキャン」
  • 「LEC東京リーガルマインド」
  • 「フォーサイト」
  • 「資格スクエア」
  • 「KIYOラーニング株式会社」

統一されていないので各社による

それぞれ各社のHPを見てみましたが、
各社毎でも、HPの内容に「通信講座」と「通信教育」が混ざり、統一されていませんでした。

例えば、有名所のユーキャン。

生涯学習のユーキャンは、「学ぶよろこびをあなたに」をモットーに、役立つ資格から、趣味、実用講座などさまざまな通信教育をご紹介しています。
生涯学習のユーキャン

生涯学習のユーキャン

ただ、大きいくくりとして「通信教育」で
細かい講座やコースという商品名に「通信講座」としているように見受けられます。

送られてきた教材で自習するいわゆる“通信教育”

これは、送られてきた教材をメイン・テキストを基本にして勉強するタイプです。

最近はスマホの普及によりこれにオンライン講座が付属されたものが多いです。
オンライン・web講座単独のプランには当てはまりません。

オンライン上で学習するweb講座

これは、送られてきた教材は補助で使用します。
教材が一切なく、web上だけで勉強するコースもあります。
テキストや冊子が必要な場合は自分で買い足す必要があります。

教材をメインとするかオンライン講座をメインにしているかの違い。

気がついた事は、教材をメインとするかオンライン講座をメインとするかで表記が違うということです。

  • 「通信教育」・「通信講座」は、教材メイン+補助でオンライン講座
  • 「オンライン講座・web講座」は、オンラインやweb講座講座がメインで補助で教材

このように各社で、学習方法により表記を変えているようです。

「通信教育」・「通信講座」のオンライン講座の有り無し

オンライン講座・web講座単独の講座もあれば、通信講座+オンライン講座の通信教育もあります。

隙間時間にも勉強したい人や講義を聞いた方が理解が早いのでそれを利用したい人は、オンライン講座単独のプランか通信講座+オンライン講座を選べばいいということになります。

まとめ

通信教育で学びたい人は、たくさんの会社で販売されていますので選ぶのに迷うと思います。

教材メインで学びたいか、スマホやpcで学びたいかなどそれぞれ自分に合った通信教育を見極めなければなりません。

単純に通信講座・通信教育・オンライン講座・web講座などの言葉で選ばずに自分の勉強計画に当てはまりそうな各社の講座を選びましょう。

宅建に合格したいあなたへ

宅建に合格したいあなたへ

 

何度も宅建に落ちた・・。
一発で宅建に合格したい!

たくさんの教材・通信講座があるけれど、どれが確実に合格できるのだろう?

 

厳しい話、どの教材・通信講座を使っても答えは同じです。

あなた次第なのです。

ただ、【宅建を取る】という目標に取り組めるかどうか、です。

この教材が良いのか?と悩んでいるのであれば、価格が高すぎる通信講座もあります。

通信講座でおすすめは以下の2つです。



ユーキャンの宅地建物取引士(宅建士)講座

ユーキャンの宅建講座は値段も適正価格で、確実に合格が目指せるカリキュラムになってます。



「たのまな」宅建士の無料資料請求はココから

オンラインでも学習できる「たのまな」は電車移動などの空き時間にも勉強できます。

色々悩むよりも、やる気があるのなら、てっとり早く勉強を始めるのが本当におすすめです。

悩んでる時間がもったいないです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする