スポンサーリンク

宅建士の通信教育で安い順ランキング(各社の通信教育の値段・価格比較)

Photoelly039_TP_V1

宅建士を目指される方で、通信教育を検討する上での悩みはやっぱり・・・

《できるだけ安く、絶対受かる通信教育にしたい!》

《通信教育で失敗したくないから、どんな中身なのか確認したい!》

と思いますよね。

そこで、今回は各社の通信教育の値段や価格比較を調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

安かろう高かろう?

安いからといって質が低いとは限りません。
ただ、安いからと言う理由だけで、通信講座を選んではダメです。

高いから質がいいという訳でもないのですが、安い通信講座だけでは、宅建の合格が難しい場合があります。

なぜかというと、あまり易い通信教育は、宅建士の試験に重要な過去問題集が無い場合があります。

また、講義だけの通信教育もありテキストは自分で購入しなければなりません。

どの通信講座でもセット内容の違いで価格の差を生んでしまっています。

セット内容が多いと高くなり、少ないと安いのです。

テキストが高い、講義が高いとかの値段の違いはあまりありません。

講義だけが必要であれば、講義だけの安い通信教育を申し込めばいいです。

あなたにとって何が必要か?という観点から見て通信教育を選びましょう。

しかし、安い通信教育や価格の違いもやっぱり知りたいですよね。

では、宅建士の大手の通信教育で価格の比較を見てみましょう。

通信教育のフォーサイト

通信教育のフォーサイトで一番安い講座は、単科講座(基礎講座 2017年試験対策):28,350です。

但し、(過去問講座+直前対策講座無し)です。過去問題集が無いと宅建の合格は難しいです。
人気No.1の講座はバリューセットで基礎講座と過去問講座がセットになっているものです。
その中から更に

  • CDコース
  • DVDコース
  • CD+DVDコース

3種類のコースから選べるようになっています。
私のお勧めはバリューセット1のCDコースで価格が63,150円です。

一番高い講座は、バリュー2セットのCD+DVDコース 価格の113,150円です。

ユーキャン

ユーキャンの宅建講座は、2つのコースしかありませんが迷うことなく選べるので分かり易いですね。
テキスト版とアプリ版どちらかを選べます。

テキスト版:63,000円、アプリ版:53,000円という価格です。

過去問題集・模擬試験付なので、内容は十分です。

LEC

LECの通信講座も分かりにくい構成です。

  • パーフェクト合格フルコース全78回
  • プレミアム合格フルコース全58回

このどちらかのコースから選びます。違いは、Just Before(直前対策)講座があるか無いかです。

そして下記の4つのセットから選びます。

  1. 通信Web・音声DL・スマホ視聴可 模試会場受験
  2. 通信Web・音声DL・スマホ視聴可 模試自宅受験
  3. 通信DVD 模試会場受験
  4. 通信DVD 模試自宅受験

私のお勧めは、①の一番安いパーフェクト合格フルコースのWeb会場受験 価格: 122,040円です。

4.TAC

5.資格対策ドットコム

6.資格スクエア

宅建に合格したいあなたへ

宅建に合格したいあなたへ

 

何度も宅建に落ちた・・。
一発で宅建に合格したい!

たくさんの教材・通信講座があるけれど、どれが確実に合格できるのだろう?

 

厳しい話、どの教材・通信講座を使っても答えは同じです。

あなた次第なのです。

ただ、【宅建を取る】という目標に取り組めるかどうか、です。

この教材が良いのか?と悩んでいるのであれば、価格が高すぎる通信講座もあります。

通信講座でおすすめは以下の2つです。



ユーキャンの宅地建物取引士(宅建士)講座

ユーキャンの宅建講座は値段も適正価格で、確実に合格が目指せるカリキュラムになってます。



「たのまな」宅建士の無料資料請求はココから

オンラインでも学習できる「たのまな」は電車移動などの空き時間にも勉強できます。

色々悩むよりも、やる気があるのなら、てっとり早く勉強を始めるのが本当におすすめです。

悩んでる時間がもったいないです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする