スポンサーリンク

「宅建士資格」ユーキャンなどの通信教育のメリット5つ

thumbnail_study

仕事をしながら宅建士の勉強をしているという人も多く、通信講座で学ぶ人の数も多くなっています。
学ぶ人が多くなっているということは、教材も研究されてきているということです。

スクールや学校と通信講座で迷っている方は読んでみて下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

飽きにくい・眠くなりにくい。

学生時分から、机に向かって勉強するとあっという間に集中力を切らしてすぐに眠くなってしまう方。
あまり机に向かう必要がなく、場所を選ばずに受講することができるインターネット講義が向いています。
誰でもテキストを読んでいるだけでは眠くなってしまうものです。

宅建士専用のカリキュラムがなされている。

書店で売っているテキストは内容が詳細すぎて要点が良くわかりにくいです。
また覚えることの多さにうんざりしていまい、勉強が全くはかどらないという事があります。

宅地建物取引主任者はけっこう難しい資格なので、書店で売っているテキストだけでは限界があります。

通信講座では、その点の今までの実績から継続して勉強ができるカリキュラムが構築されています。

また、合格できるようように日々テキストも改良されています。

補助教材が充実している。

専用の副教材

例えば宅建の重要分野の「民法」ですが、宅建専用の民法の本は市販では入手できません。

しかし、通信講座では、民法についての入門ブックなどが付属される場合が多く、大変便利です。

民法の分かり易い書籍は販売されています。
ただ、民法全体の書籍となっているのでかなり分厚く、それを全て読むことは厳しいです。
宅建専用に作られてはいないため、無駄が多いです。

DVDなどインターネット講義で視覚的に学べる。

いつでも、どこでも視聴でき、とても重宝します。テキストで分かりにくい部分を付属のDVDやCDで講師の方が細かく説明してくれるので、理解しやすいと思います。
ただ机に向かって勉強していると嫌になるものです。
テレビを見るように気軽にDVDなどで講座が見れれば、
気軽にすっと頭に入りそうです。
CDは、車で通勤時間などに聞けて便利そうです。
これにより、ただテキストを読むだけの学習に比べて、理解が進み、時間と労力を削減できます。
きちんと正確に理解できることも大きな違いですね。

自宅など好きな時に自由に勉強できる。

独学の一番いい所はここですね。
自宅で出来るという点が決め手になる人も多いです。

学校に通う時間がない人には、いい勉強方法となります。

金額がスクールに比べて安い

私のようにお金をかけたくないのであれば、テキスト+過去問題集+補助本1万円位で合格できます。
ただし、根気と時間が必要です。

通信講座であれば3万円位から選べます。

スクールですと、10万円位になります。

宅建 ユーキャンなどの通信教育のメリット5つまとめ

通信講座のメリットも知り、学校だけの選択肢だけではなく、違う勉強法もあることを知って下さいね。

通信講座にしようと思った方はこのようなメリットを上手く生かして下さいね。

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
にほんブログ村に参加しています。


資格(宅地建物取引主任者) ブログランキングへ

宅建に合格したいあなたへ

宅建に合格したいあなたへ

 

何度も宅建に落ちた・・。
一発で宅建に合格したい!

たくさんの教材・通信講座があるけれど、どれが確実に合格できるのだろう?

 

厳しい話、どの教材・通信講座を使っても答えは同じです。

あなた次第なのです。

ただ、【宅建を取る】という目標に取り組めるかどうか、です。

この教材が良いのか?と悩んでいるのであれば、価格が高すぎる通信講座もあります。

通信講座でおすすめは以下の2つです。



ユーキャンの宅地建物取引士(宅建士)講座

ユーキャンの宅建講座は値段も適正価格で、確実に合格が目指せるカリキュラムになってます。



「たのまな」宅建士の無料資料請求はココから

オンラインでも学習できる「たのまな」は電車移動などの空き時間にも勉強できます。

色々悩むよりも、やる気があるのなら、てっとり早く勉強を始めるのが本当におすすめです。

悩んでる時間がもったいないです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする