スポンサーリンク

宅建士 試験【建築基準法】暗記法 「用途制限」 過去問題

宅建士 試験【建築基準法】暗記法

建築基準法とは、国民の生命、健康、財産の保護を図るため、建築物の敷地、構造、設備、用途に関する最低基準を定めた法律です。

bunbougu_note

「宅建士」試験では、例年は問18と問19が建築基準法の問題となっています。

50点中2点の配点問題となります。

「宅建士」試験では、建築基準法の「単体規定」や「集団規定」が問われる問題が多いです。

「単体規定」とは、個々の建築物が満たすべき基準で全国の建築物に適用される規定です。

「集団規定」は、原則として、都市計画区域及び準都市計画区域内において適用されます。

今回は、建築基準法「集団規定」の[用途制限]についてです。

まずは、「宅建士」試験の過去問題をみてみましょう!

 H28年(2017) 宅建士 過去問題 問19

Q.建築基準法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 特定行政庁が許可した場合、第一種低層住居専用地域内においても飲食店を建築することができる
  2. 前面道路の幅員による容積率制限は、前面道路の幅員が12メートル以上ある場合は適用されない。
  3. 公園内にある建築物で特定行政庁が安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めて許可したものについては、建ぺい率の制限は適用されない。
  4. 第一種住居地域内における建築物の外壁又はこれに代わる柱の面から敷地境界線までの距離は、当該地域に関する都市計画においてその限度が定められた場合には、当該限度以上でなければならない。

A. 正解は、『4』です。


※問2,3,4については、また別記事になっています。

誤っているものはどれか?を聞かれています。

「宅建士」試験はここがやっかいで「正しいものはどれか」「誤っているものはいくつあるか?」など問題形式が様々です。問題文の質問の箇所に線を引くなどして

勘違いして答えを出さないように注意しましょう。


job_suugakusya

1. 〇 正しい

問1は、「集団規定」の[用途制限]の問題です。

用途制限とは

市街化区域には必ず用途地域が定められます。

用途地域は大きく分けて、3つに分かれます。
「住居系」「商業系」「工業系」です。

細かく分けると12種類で「住居系」7種類、「商業系」2種類、「工業系」3種類です。

そして、建築基準法ではそれぞれの地域に用途制限を設けています。


第一種低層住居専用地域内において、原則、飲食店は建築することができません。

但し、特定行政庁が第一種低層住居専用地域における良好な住居の環境を害するおそれがないと認め、又は公益上やむを得ないと認めて許可した場合においては、建築することができます。

「特定行政庁の許可」を受ければ、例外として、飲食店を建築することができます。

「建築することができない」ではなく、「許可を受けなければ」建築することができない。


第一種低層住居専用地域
「低層住宅に係る良好な住居の環境を保護するため定める地域」と定義され、2~3階建て以下の低層住宅のための良好な住環境を保護するための住居系の地域。一戸建ての住環境としてはもっとも優れている。

第一種低層住居専用地域で建築できない建物は
高校以上の学校の不特定多数の人が集まる特殊建築物と考えておきましょう。

※全部の用途地域で建築することができる建築物

宗教施設(神社・寺・教会)
公衆浴場
診療所
保育所
巡査派出所
公衆電話所

 尚、第一種低層住居専用地域で、病院や大学は建築できません。
noiroze_juken_woman

過去問題の類似問題 (第一種低層住居専用地域内の用途制限)

      1. H22/問19-4
        第一種低層住居専用地域内においては、高等学校を建築することはできるが、高等専門学校を建築することはできない。◯
      2. H15/問21-4
        第一種低層住居専用地域において建築することができる用途の建築物については、第二種低層住居専用地域においても建築することができる。 ◯
      3. H14/問20-1
        第一種低層住居専用地域内では、小学校は建築できるが、中学校は建築できない。×
      4. H10/問21-1
        第一種低層住居専用地域内においては、小学校を建築することはできない。×
      5. H07/問22-1
        第一種低層住居専用地域内においては、保育所を建築することができない。×
      6. H06/問23-2
        火葬場は、公益上必要な施設であるので、第一種低層住居専用地域を除く全ての用途地域で、建築することができる。×
      7. H05/問22-4
        第一種低層住居専用地域においては、建築主は、床面積の合計が50m2以下の工場を建てることができる。×
      8. H04/問24-1
        第一種低層住居専用地域内においては、病院は建築してはならないが、診療所は建築することができる。◯
      9. H01/問24-1
        第一種低層住居専用地域内においては、中学校は建築することができるが、大学は建築することができない。◯

まとめ

今回は、「宅建士」試験【建築基準法】「集団規定」の[用途制限]についてでした。

過去問題に類似問題が多数出ています。

全て暗記できれば言うこと無しですが、覚える箇所が多すぎます。

類似問題を中心に覚えておきましょう。

【労力が見合わない】と参考書に記載もあり、

私はこの問題を「捨て問題」としました(~_~)

「宅建士」試験は、50点満点中、大体35点取れれば合格できます。

「宅建士」試験は範囲が広いですし、もっと暗記が重要な問題があります。

個人の自由ですが、「捨て問題」というか、

余裕があったら最後に暗記する方法でもよいと思います。

宅建に合格したいあなたへ

宅建に合格したいあなたへ

 

何度も宅建に落ちた・・。
一発で宅建に合格したい!

たくさんの教材・通信講座があるけれど、どれが確実に合格できるのだろう?

 

厳しい話、どの教材・通信講座を使っても答えは同じです。

あなた次第なのです。

ただ、【宅建を取る】という目標に取り組めるかどうか、です。

この教材が良いのか?と悩んでいるのであれば、価格が高すぎる通信講座もあります。

通信講座でおすすめは以下の2つです。



ユーキャンの宅地建物取引士(宅建士)講座

ユーキャンの宅建講座は値段も適正価格で、確実に合格が目指せるカリキュラムになってます。



「たのまな」宅建士の無料資料請求はココから

オンラインでも学習できる「たのまな」は電車移動などの空き時間にも勉強できます。

色々悩むよりも、やる気があるのなら、てっとり早く勉強を始めるのが本当におすすめです。

悩んでる時間がもったいないです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク